愛知県名古屋市中学校に金属バットを持って立ち入ったとして、42歳の男が逮捕。その行動に驚きが広がっている。

 事件が発生したのは4日午後4時45分すぎ。名古屋市中川区の中学校敷地内に男が金属バットを持って侵入する。様子を目撃した教員が声を掛けると、わけのわからない言葉を発しており、職員室に報告。男性教員2人が身柄を取り押さえ、通報を受け駆けつけた警察官に引き渡し、男は建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された。

 ​>>46歳男、中学校に侵入し廊下で生徒に怪我させる「息子からいじめられている」と動機語る<<​​​

 現在のところ、男の認否や目的などはわかっていないとのこと。当時、学校には部活動をする生徒がいたが、けが人などはなかった。一歩間違えれば、殺人事件にも発展しかねない今回の事件。男の真の目的は、一体何だったのだろうか。

 この事件に、ネットユーザーからは「金属バットを持ってわけのわからない言葉を発する人間がいるなんて怖すぎる。大惨事にならなくて本当に良かったと思う」「なぜ男が簡単に学校へ入ることができたのか。いろいろと大事件も起きているのに」「責任能力がないと判断されて無罪放免にならないか。きちんと刑罰を与えるべきだ」「死刑になりたいとか、そういう理由で金属バットを持って入っていたとしたら恐ろしい。しっかりと動機を明らかにしてほしい」という声が。

 一方で、「おそらく刺股で取り押さえたんだろうと思う。教師たちがよく中学生を守ってくれた」「怖かったと思うけど、勇敢に取り押さえてくれた。教師に感謝するべきだと思う」「おそらく訓練していたんだろうと思う。これも教師の仕事なのか」という声も上がっていた。

画像はイメージです