お笑いコンビ・千鳥のノブ(42歳)が、10月6日に放送された競馬番組「ウダ馬なし」(関西テレビ)に出演。療養中に麒麟・川島明から送られて来た、“驚愕のお見舞い”について語った。

この日、「やっぱり東京ってスゴい!」をテーマに、トークをすることになった麒麟・川島明とノブ。ノブは「僕はあれですよ、療養中に明(川島)さんからいろいろ物(お見舞い)をいただいたりして。ビックリしたんですけど、明さんは東京の最先端を、いま『ラヴィット!』で吸収してるから、どうぞって送られてきたのが…“クレオパトラの朝食”っていうツバメの巣だったんですよ(笑)。すっごいでしょ?」と明かす。

川島は「オレ、何も言わんと送ったのよね。ちょっと驚かそうと思って」とサプライズのつもりで送ったそう。それは「某タレントさんに教えてもらった」美容ドリンクで、ノブの妻のために送ったものだったという。

川島は「奥さんのケアをしてる人はあんまおらんから、奥さんも大変、(ノブが療養に入り)子供が一人増えたようなもんだから」と真意を説明したが、ノブは「オレわからないから、全部オレが飲んで。だから、夜中とかもう顔プルプル」になったと語り、川島は「40日ぶりに会ったとき、(ノブの)顔ツルツルやから(笑)」と大笑いした。