ラランド

お笑いコンビ・ラランドサーヤが7日、自身の公式ツイッターを更新。相方のニシダに喫煙禁止を要求した。


■度重なる失態で「喫煙禁止」

サーヤが投稿したのは、『ラランド・ツキの兎』(TBSラジオ)での一幕。ラランドが所属する個人事務所レモンジャム」の社長を務めるサーヤが、“正社員”であるニシダに向かって「喫煙禁止です」と告げる。

「喫煙禁止?」とニシダが困惑すると、サーヤは「私がネタ書いてる後ろでずっとタバコお吸いになられたりとか」「スタッフさんが入ってきて『打ち合わせいいですか?』『すいません、今ちょっとニシダタバコいってて』っていうのがごまんとあって」と喫煙禁止を要求。

放送では、コントの小道具を壊したり、マネージャーに買い出しに行かせたり、反省の態度を見せなかったりなどニシダの数多くの失態が明かされており、喫煙禁止は役員会議で決まったのだという。


関連記事:ラランド・ニシダ、私物が次々なくなり… 意外な結末に「新手の犯罪」

■誓約書に記入

サーヤの“制裁”に動揺しながらも「分かりました」とニシダが言ったところで、サーヤが「ということでですね、書面も用意させていただきまして」と伝えると、別の人から誓約書と見られる紙が渡される。ニシダは文書を読み上げて誓約書にサインした。

ツイートサーヤは、動画と一緒に写真を添付。喫煙禁止を要求する内容の誓約書が写され、氏名欄にはニシダの本名と思われる文字、その横には印影もあった。


■違反を心配する声

サーヤツイートを見たファンからは、「守らなかったときの罰も決めておかないと、ニシダは破る」「ニシダ破っちゃうんじゃないですかね」と、違反を心配するコメントが届いたほか、「またアイコス取り上げて誕生日に返しましょう」といった提案も見られる。

・合わせて読みたい→ラランド・サーヤが体調不良でイベント欠席 ニシダは「リセールに出さないで」

(文/Sirabee 編集部・栗原コウジ

ラランド・サーヤ、ニシダに喫煙禁止を通告 誓約書用意もファンから心配の声