人々に在りし日を思い出させ、エモい感情を呼び起こすアイテムといえば「手紙」や「アルバム」と相場が決まっているものの、意外と見逃せないのが「レシート」である。

現在ツイッター上では、とあるゲームソフト購入時の「エモすぎる」レシートが話題となっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】情報量が多すぎる…ッ!


■このレシート、何かおかしい…?

注目を集めているのは、デザイナー・かっかさんが投稿した1件のツイート

FF7買った時のレシート出てきた」とだけ綴られた投稿には1枚のレシートが写った写真が添えられており、2020年4月に1作目がリリースされたゲームソフトファイナルファンタジーVII リメイク』(以下、FF7R)を購入した際のもの、と思いきや…こちらには「97年1月31日」と日時が印字されている。

FF7

そう…件のレシートリメイクが行なわれる以前の、つまりプレイステーション(以下、PS)版ゲームソフトファイナルファンタジーVII 』(以下、FF7)購入時のレシートだったのだ。


関連記事:ハライチ岩井、会計レシートのまさかの金額に驚く 「多分、確変入ってるわ」

■「レシートも思い出の品」

ポップミュージックの歴史が「ビートルズ以前と以降」で明確に分かれているように、ゲーム史においても「FF7以前と以降」が一つの指標となっていることに、異論を唱える人はいないだろう。

97年1月31日リリースされた同作は『ファイナルファンタジー』(以下、FF)シリーズにおける初のPSソフトとなり、圧倒的なグラフィック、数々の魅力的なキャラクター、そして哲学・政治・思想的な要素が詰め込まれたスケールの大きなストーリーで世界中のユーザーたちを熱狂させた。

リリースから25年が経過した今なお「FFといえば7」という意見を有すゲーマーは数多く、名実ともに日本を代表するゲームタイトルである。

FF7

そうした背景もあってか、前出のツイートは投稿から2日足らずで2,000件以上ものRTを記録しており、他のツイッターユーザーからは「リメイクと思ったら、本家でしたか!」「消費税3%だった時代か…」「こうなるとレシートも、思い出の品だな」といったコメントが多数寄せられていた。

とは言えレシートを見ただけで、当時の思い出がはっきり蘇ってくる事象はあり得るのだろうか。ツイート投稿主・かっかさんに詳しい話を聞いたところ、とんでもなくエモいエピソード明らかになったのだ…。

■この思い出、あまりにエモすぎる…!

レシート発見時の経緯について、かっかさんは「実家にある自分の荷物整理をしていたら発見しました。懐かしさと同時に、なぜ取っておいたんだろうと驚きました」と振り返っている。

続いては25年前の「購入当時の思い出」の話題を振ったところ、「自分が小学生のときに、隣町のセブン-イレブンで購入しました。現在はそちらの店舗は閉店してしまいましたが、スイミングスクールの帰りにみぞれが降る中、親に車で連れて行ってもらったことを覚えています」という、エモすぎるエピソードが登場。

ここまではっきり覚えているものなのか…と驚いたが、じつはかっかさんは『FF7』の発売に併せてPS本体を購入しており、且つRPGを初めてプレイするといった事情もあったため、同作のリリースを当時かなり楽しみにしていたのだ。

「子供の頃はゲームをたくさんは買えなかったし、買ってもらえなかったので、1つのゲームを何周もプレイするのが普通でした。FF7も3、4周くらいプレイしていましたね」とも振り返っていたかっかさんが、「同作は世界観やメカのデザイン、音楽などの要素も好みで、自分自身の創作活動において、かなり大きな影響を受けました」ともコメントしていたのが、じつに印象的であった。


■以前は「40年前のレシート」が話題に…

なお以前ツイッター上では、勤務先の会社の倉庫から発見された「40年前のレシート」が大きな話題となったことも。

レシート本来の目的は買い物の「記録」と「証明」だが、それを見た人々が特別な感情を呼び起こされるケースは決して珍しくないのだ。年代物のレシートを発見した際は、ぜひ当時の様子を振り返ってみてほしい。

・合わせて読みたい→サイゼのカプレーゼ、ハヤシライスがいつの間にか… 「消えたメニュー」の謎

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

実家で発見したレシート、何かがおかしい… エモすぎる「正体」に反響相次ぐ