メイン画像

きょう10日(月:スポーツの日)は、北日本を中心に警報級の大雨・暴風に警戒。北海道や東北の道路を中心に、気象影響リスクが高くなっています。北陸や関東甲信でも、一部の道路で影響が出る可能性があるため注意が必要です。

10日スポーツの日 北日本を中心に荒天

画像A

きょう10日(月:祝スポーツの日)は、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北上、低気圧からのびる前線が北日本や東日本を通過する見込みです。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

九州~近畿の雨は止み、午後は次第に晴れ間が出るでしょう。東海は昼頃まで雨で、局地的に激しく降りそうです。関東甲信は、午後は次第に晴れてきますが、南風が強まるでしょう。北陸は断続的に雨。東北や北海道は、雨や風が強まり、荒れた天気となりそうです。

北海道では、平均風速20メートル以上、最大瞬間風速30メートル~35メートルと、台風並みの暴風が吹くおそれがあります。風の強い状態は、あす11日(火)にかけて続く見込みです。

道路影響予測

画像B

10日(月:スポーツの日)~11日(火)にかけては、北海道や東北の道路を中心に気象影響リスクが高くなります。

北海道では局地的に1時間に40ミリの激しい雨が降り、東北では1時間に25ミリの強い雨の降る所がありそうです。24時間雨量は(あす朝まで、多い所)、北海道180ミリ、東北で100ミリの予想です。

激しい雨が降ると、道路が一気に川のようになり、冠水したり、車輪と路面の間に水膜ができてブレーキが効きにくくなる可能性があります。

台風並みの暴風に警戒

画像C

また、風が強まり、台風並みの暴風に警戒が必要です。

きょう10日(月:スポーツの日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方東北地方で23メートル(35メートル)、あす11日(火)も北海道では20メートル(30メートル)の予想です。

北陸や関東甲信でも一部、道路影響が出る可能性があります。特に、午後は風が強まるため、最新の情報をこまめに確認しましょう。

北海道や東北を中心に雨や風が強まり、車は横風に流されやすくなるでしょう。通行止めの道路が出る可能性もあり、交通情報に注意が必要です。

3連休で多くの人が移動する時期です。迂回ルートを検討するなど、無理のないよう注意しましょう。速度を落として、車間距離を取るなど、いつも以上に安全運転を心がけてください。

「道路影響予測」10日スポーツの日 北日本中心リスク大 警報級の大雨・暴風に警戒