メイン画像

きょう14日(金)、伊豆諸島南部では、午前中は局地的に猛烈な雨が降り、大雨になる所がある見込みです。夕方にかけて、土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫に警戒してください。低い土地の浸水にも注意・警戒が必要です。

伊豆諸島南部 夕方にかけて土砂災害に厳重警戒

きょう14日(金)、伊豆諸島付近には前線が停滞しています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となっています。

東京都青ヶ島村付近では、レーダーの解析で、きょう14日(金)午前9時20分までの1時間に約100ミリ、午前9時30分までに120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

午前中は局地的に猛烈な雨が降り、大雨になる所がある見込みです。大気の不安定な状態が続くため、落雷や突風にも注意が必要です。

きょう14日に予想される1時間降水量は、多い所で、
伊豆諸島南部:80ミリ
あす15日6時までに予想される24時間降水量は、多い所で、
伊豆諸島南部:250ミリ
の見込みです。

きょう14日(金)夕方にかけて、土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫に警戒してください。低い土地の浸水にも注意・警戒が必要です。

猛烈な雨とは

画像B

猛烈な雨とは、雨の表現としては一番上で、1時間雨量が80ミリ以上の雨を表しています。これは、息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感じるくらいです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

猛烈な雨が降ると予想される所、あるいは、猛烈な雨が降った所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫につながる可能性が高まります。

土砂災害の前触れは

画像C

午前10時30分現在、東京都青ヶ島村には、土砂災害警戒情報が発表されています。降り続く大雨によって、土砂災害警戒区域等では、命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況です。
崖の近くや谷の出口など土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、自治体から発令される避難指示などの情報に留意し、少しでも安全な場所への速やかな避難を心がけてください。

なお、大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。主なものは次の4つです。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。

伊豆諸島南部で恐怖を感じるような猛烈な雨 14日夕方にかけて土砂災害に厳重警戒