NHKが、10月以降土曜日21時台でスペシャルドラマも放送することを決定、ラインナップが報道陣に説明された。

【関連写真】堀北真希主演のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」新キャストは小出恵介、松坂桃李ら

  既に発表された若い日の松下幸之助夫妻を描いた「神様の女房」(主演:常盤貴子、筒井道隆)に続いて放送されるのは、「使命と魂のリミット」(主演:石原さとみ)、「蝶々さん」(主演:宮崎あおい)、「とんび」(主演:堤真一)、「キルトの家」(主演:山崎努)といったNHKらしい骨太の作品ばかり。73分という長尺の枠で、幅広いジャンルの見ごたえのある作品が続々と登場する。同枠を担当する谷口卓敬チーフプロデューサーは、「現在、力を込めて各番組の制作が進行中です。NHKならではの見ごたえのあるドラマができたらと思います。皆さんの期待を裏切らない作品をお見せしたいので、ぜひよろしくお願いします!」と自信に満ちた表情で語った。

  なお、この会見に先立ち行われたシリーズ第1作「神様の女房」の完成披露試写終了後には、常盤貴子と筒井道隆が登場。本作で筒井と3回目の共演となる常盤は、「1回目の共演は初めての舞台の時だったので、本来なら足を向けて眠れないのですが、筒井さんは私が初舞台でパニックになっているのに、ストーリーのキーになる小道具を忘れて舞台に上がり、私をたった1人舞台に残して楽屋に取りに戻りました。 それ以来“筒井さんはわけがわからない”という思いでいっぱいでしたが、今回は煮詰まってきたら『ONE PIECE』話題で盛り上がっています(笑)。このドラマは台詞が多くて大変でしたが、それを乗り越えられたのは筒井さんのおかげ。やっと初舞台の時の“足を向けて眠れない”ところにたどり着きました(笑)」と語った。

土曜ドラマスシャル「神様の女房」は、10月1日よりスタート

NHKスペシャルドラマ第1作、若い日の松下幸之助夫妻を描いた「神様の女房」主演の常盤貴子、筒井道隆