メイン画像

きょう17日(月)、お帰り時間帯の雨の中心は、関東など東日本と、那覇など沖縄本島地方。関東では本降りの雨。沖縄では、警報級の大雨のおそれがあるため警戒が必要です。

列島 前線が二段構えで通過

画像A

きょう17日(月)は、前線が北日本と本州の南岸の二段構えで通過するため、全国的に雨となっています。

西日本では、午後は前線が次第に離れるため、雨は夕方までに止む所が多いでしょう。お帰り時間帯は、東日本が雨の中心で、関東などで本降り。沖縄は、前線や台風周辺から湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定。今夜(17日)は、那覇など本島地方で警報級の大雨のおそれがあるため警戒が必要です。

関東 お帰り時間帯は本降り

画像B

きょう17日(月)の午前中は、関東地方では東京都心など南部を中心に、すでに雨の降り始めている所があります。

午後は次第に雨の範囲が広がり、お帰りの時間帯は広く雨。本降りの所もあるでしょう。夜は朝よりヒンヤリします。冷たい雨にうたれて、風邪をひかないようご注意下さい。

沖縄 警報級の大雨のおそれ

画像C

沖縄は、台風20号周辺から湿った空気が流れ込むため大気の状態が非常に不安定。警報級の大雨のおそれ。暴風や高波にも警戒が必要です。

沖縄地方は、17日(月)午前中は、久米島など多い所で1時間に15.0ミリと、やや強い雨の降っている所があります。午後次第に発達した雨雲がかかり、夜は那覇など本島地方で1時間に40ミリの激しい雨が降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。

18日(火)6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100ミリの見込みです。17日(月)~18日(火)は、雨雲の発達の程度によっては、警報級の大雨となるおそれがあるため警戒が必要です。

激しい雨とは?

画像D

気象庁では、雨の強さと降り方について、具体的なイメージで分かってもらえるよう、様々な表現をしています。

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上~50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

雨の中心は次第に東日本に お帰り時間帯は関東で本降り 沖縄は警報級の大雨のおそれ