2021年4月より月曜9時枠で放映が開始された、型破りな裁判官エリート裁判官の奮闘を描いた連続ドラマ「イチケイのカラス」。その劇場版となる『イチケイのカラス』より、竹野内豊演じる主人公、入間みちおに振り回されるキャスト6名と最新の予告映像が合わせて解禁となった。

【写真を見る】竹野内、黒木、斎藤、向井の4人が並ぶティザービジュアルも

自由奔放な裁判官、入間みちおがイチケイを去って2年。異動先となった岡山地方裁判所秋名支部で、みちおは防衛大臣の傷害事件を担当することに。事件の背景にはイージス艦と貨物船の不審点だらけの衝突事故が関係していることを突き止めるが、イージス艦の航海内容は国家秘密であり、みちおの「職権発動」が通用しない強敵であった。一方で他職経験制度を利用し弁護士となった坂間千鶴はみちおの隣町に配属され、新たなバディとなる弁護士の月本と共に地元の大企業の疑惑に立ち向かおうとしていた。

今回解禁されたのは、みちおに翻弄されることになる新たな6名のキャストたち。みちおが新たに配属された岡山地方裁判所秋名支部右陪席で、みちおの常識破りなやり方に抵抗する裁判官の土井潤を柄本時生、同じく秋名支部左陪席、成績優秀で理路整然とした話し方の裁判官、赤城公子を西野七瀬が演じる。また、みちおを裁判官の世界へと誘った張本人で、イチケイの部長裁判官である駒沢義男役の小日向文世、みちおに振り回され続ける検事、井出伊織役の山崎育三郎、イチケイで書記官を務める姉御肌の浜谷澪役の桜井ユキ、そしてイチケイの元事務官、一ノ瀬糸子役の水谷果穂らお馴染みのメンバーが続投することも発表された。2年後を描く今作では、井出と糸子が結婚する、駒沢と斎藤工演じる月本が師弟関係であったことが明かされるなど、登場人物たちの新たな関係性も明らかに。

合わせて、みちおを筆頭に‟イチケイ“メンバーが国家スケールの巨大な闇に挑もうとする姿を収めた予告映像も解禁。お馴染みの「職権を発動します!」というみちおの一言から始まる映像。みちおの非凡な行動に振り回される土井や赤城の姿がコミカルに描かれるなか、みちお、千鶴そして千鶴と新たにバディを組むことになった弁護士の月本ら3人が国を揺るがす2つの大きな謎に挑もうとする姿が描かれている。

ドラマ以上に個性豊かなキャストが揃う映画版『イチケイのカラス』。みちおと千鶴の2人は、パンドラの箱に隠された真実を暴くことが出来るのか。2年の時を経て、立場が変わった2人が隠された謎を解くため奮闘する姿に注目したい。

文/高木郁

【写真を見る】映画版『イチケイのカラス』柄本時生、西野七瀬らキャスト6名と最新予告映像が解禁!/[c]浅見理都/講談社 [c]2023 フジテレビジョン 東宝 研音 講談社 FNS27社