メイン画像

あす25日(火)にかけて、上空にこの時期としては強い寒気が流れ込むでしょう。西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定で、所々で雨や雷雨になりそうです。落雷や突風、激しい雨に注意が必要です。朝は今季これまでで一番の冷え込みとなる所も。日中も関東では初冬のような寒さになるでしょう。

大気の状態が非常に不安定

画像A

きょう24日(月)、日本海の上空約5500メートルには、氷点下27℃以下のこの時期としては強い寒気が流れ込んで、大気の状態が非常に不安定となっています。西日本の日本海側を中心に、局地的に雷を伴って雨脚が強まっています。

強い寒気は、あす25日(火)にかけて西日本から東日本に流れ込むため、西日本から東日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となる予想です。あす25日(火)は、九州や中国、四国、東海、北陸は夕方まで所々で雨や雷雨になるでしょう。山陰では雷を伴って激しい雨の降る所もありそうです。関東は雲に覆われ、午前中は沿岸部ほど雨が降るでしょう。東北も日本海側を中心に一時的に雨雲や雷雲がかかりそうです。落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意してください。

また、きょう24日(月)の夜からは関東甲信などの山地でも今シーズン初めて雪の降る所があるでしょう。峠越えの車は冬用タイヤで、余裕を持って移動してください。道路情報の確認もしましょう。

あす朝は今季一番の冷え込みも

画像B

あす25日(火)の朝は冷え込むでしょう。最低気温は旭川市マイナス1℃と今季初めて0℃未満となり、氷が張るような冷え込みになりそうです。札幌市は2℃と、霜が降りるくらい冷えるでしょう。東京都心は9℃と今季これまでで一番の冷え込みとなる可能性があります。名古屋市大阪市福岡市でも12℃くらいまで下がるでしょう。暖かくしてお過ごしください。

最高気温は全国的に平年より低くなりそうです。札幌市は12℃、仙台市は14℃と11月みでしょう。東京都心は14℃と初冬のような寒さが続きそうです。日中も厚手の上着があると良いでしょう。名古屋市大阪市福岡市では20℃くらいとなりそうです。

急に季節が進み、空気が冷たくなっています。体調を崩さないよう、服装で上手に調節してください。

この時期としては強い寒気 落雷や突風、激しい雨に注意 朝は今季一番冷える 山は雪