北海道、荒れ模様の天候。大雨・暴風・高波に警戒!

画像

日本海北部には北東に進む低気圧があって、温暖前線が千島近海に、寒冷前線が日本海を通り、東シナ海に延びています。
北海道付近は、13日夜にかけて前線を伴った低気圧が発達しながら通過するため、大気の状態が不安定となるでしょう。
14日は低気圧が千島近海で更に発達するため、14日にかけて気圧の傾きが大きい見込みです。

画像

画像

北海道日本海側を中心に雨・風が強く、荒れた天気となる所があります。
日本海側北部では、13日夕方にかけて大雨による土砂災害に厳重に警戒し、13日夜のはじめ頃にかけて暴風に警戒してください。
また、オホーツク海側南部と太平洋側東部では、14日明け方から昼過ぎにかけて、高波に警戒してください。

<防災事項>
日本海側北部では、13日夕方にかけて雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
大雨による土砂災害に厳重に警戒してください。
また、13日夜のはじめ頃にかけて、北東のち北の風が非常に強いでしょう。
暴風に警戒してください。
オホーツク海側南部と太平洋側東部では、14日明け方から昼過ぎにかけて、海は大しけとなる見込みです。
高波に警戒してください。

<雨の予想>
13日に予想される1時間降水量は、多い所で
 日本海側北部    30ミリ

13日12時から14日12時までに予想される24時間降水量は、多い所で
 日本海側北部    80ミリ

<風の予想>
13日から14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
 日本海側北部陸上    20メートル(35メートル
 日本海側北部海上    23メートル(35メートル
 日本海側南部陸上    18メートル(30メートル
 日本海側南部海上    20メートル(30メートル
 太平洋側西部陸上    15メートル(30メートル
 太平洋側西部海上    20メートル(30メートル
 太平洋側東部陸上    18メートル(30メートル
 太平洋側東部海上    20メートル(30メートル
 オホーツク海側北部陸上 15メートル(30メートル
 オホーツク海側北部海上 20メートル(30メートル
 オホーツク海側南部陸上 15メートル(30メートル
 オホーツク海側南部海上 20メートル(30メートル

<波の予想>
13日から14日にかけて予想される波の高さ
 日本海側北部    5メートル
 日本海側南部    5メートル
 太平洋側西部    5メートル
 太平洋側東部    6メートル
 オホーツク海側北部 5メートル
 オホーツク海側南部 6メートル

北海道、荒れ模様の天候。大雨・暴風・高波に警戒!