メイン画像

きょう20日(日)は、九州南部や近畿~東日本で雨。夜は東北や北海道でも所々で雨に。奄美地方では、これまでの雨で11月1位の大雨を記録。伊豆諸島南部では、今夜~あす21日(月)にかけて警報級の大雨に警戒が必要です。

奄美で11月1位の大雨

画像A

きょう20日(日)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、九州南部や、近畿~東日本を中心に雨。

奄美地方には活発な雨雲がかかり、十島村中之島では1時間雨量(~20日1時22分まで)43.0ミリの激し雨を観測。48時間雨量(日最大値:20日正午まで)は、289.5ミリと11月1位の値を更新する大雨となりました。

また、三重県尾鷲市でも、1時間に47.5ミリ(~20日5時13分まで)の激しい雨が降りました。

このあとも、奄美地方は暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定です。急に強まる雨や雷雨に注意して下さい。また、十島村では、これまでの大雨により地盤が緩んでいる所があるため、20日(日)夜遅くにかけて土砂災害に注意してください。

今夜は東北や北海道も雨の所 伊豆諸島は警報級の大雨のおそれ

20日(日)午後は、近畿~関東は雨で、紀伊半島など沿岸部を中心に雨脚の強まる所があるでしょう。夜は、東北や北海道でも所々で雨となりそうです。

伊豆諸島南部では、20日(日)夜~21日(月)昼前にかけて警報級の大雨となる可能性があります。
<雨の予想>
20日6時~21日6時までに予想される24時間降水量は、多い所で
伊豆諸島南部120ミリ

その後、21日6時~22日6時までに予想される24時間降水量は、多い所で
伊豆諸島南部 およそ50ミリ

大雨による土砂災害や低い土地の浸水に注意・警戒してください。

雨はいつ止む?

画像C

あす21日(月)は、近畿の雨は明け方には止み、西日本は広い範囲で晴れるでしょう。東海の雨も明け方までで、日中は次第に天気は回復する見込みです。関東は昼前まで雨。東北は午前を中心に雨となりそうです。北海道は雲が多く所々で雨が降るでしょう。

午後は雨エリア拡大 奄美地方は土砂災害に 伊豆諸島南部は警報級の大雨に警戒