トランプ大統領が、次期大統領選に再選を目指して立候補することを表明した。米中間選挙は事前予想より民主党が善戦する結果に終わり、焦点は本格的に2024年へと向かい始めた。今、どんな展望が描かれているのか。米政治に詳しい双日総合研究所チーフエコノミスト、吉崎達彦氏による解説記事の後編をお届けする。競馬予想にも定評がある氏いわく、次の大統領選予想は「来年の有馬記念」並みに難しい!?(聞き手:河合達郎、フリーライター

JBpressですべての写真や図表を見る

前編:「最大のルーザーはトランプ」で、「メシウマ」共和党本流が抱えるジレンマ」から読むhttps://jbpress.ismedia.jp/articles/-/72790)

求心力保ったバイデン氏、次の大統領選は?

——11月15日トランプ大統領の出馬宣言がありました。事前には大敗予想もあった中間選挙で健闘した民主党は、2024年大統領選に向けてどう動くでしょうか。

吉崎達彦氏(以下、吉崎氏):とりあえずバイデン氏は一種のフリーハンドを得ました。放っておけば党内左派からの突き上げを食らうような状況でしたが、うまく求心力を維持できたと思います。

 彼は「再選は目指す。ただ家族の問題もあるから、年明け早々に決める」というふうな言い方をしています。これは当然で、次も出るぞ、という姿勢を示しておかないと誰もついてこないですから。

 ただ、ご本人の本音としてはどうでしょう。11月20日で80歳になりましたからね。もういいかな、といった感じもあると思います。

「相手がトランプだったらやっぱりオレが出なきゃいけない。でも、トランプじゃないんだったら、別にいいよ」というようなことも伝えられてきていますね。そこは、フリーハンドなんでしょう。

オバマの方が若者のウケがよかった

——民主党の意向としてはどうなんでしょうか。引き続きバイデン氏で戦いたいのでしょうか。

吉崎氏:中間選挙の出口調査では、「2024年大統領選でバイデン氏に期待をするか」という問いに対して、「イエス」は3割ぐらいしかいないんですよね。

 今回の選挙も、もし彼が前面に出ていたらやっぱり負けていたんでしょう。むしろ、オバマ氏に出てもらった方が若者のウケがよかった。「バイデン隠し」によって自身の求心力を保った。これは、ツライところがありますね。だから、年明け以降もだましだまし行くんでしょう。

——選挙直前まで何となく出ると言い続け、方針転換をされても、民主党として準備が遅れることはないですか。

吉崎氏:過去で言うと、リンドン・ジョンソン氏は大統領選の年の春ぐらいになって不出馬宣言をしていましたね。それは割とありなんですよ。引っ張っておいて、やっぱり出ません、って言うのは。

 普通に考えれば、そういう時のために副大統領がいるんですが、現副大統領カマラ・ハリス氏)の人気がイマイチなんですよね。

バイデンはハリス副大統領を推したいが

——バイデントランプ両氏以外に、他の有力候補者の動きは活発化してくるでしょうか。

吉崎氏:よく「2024年は誰が出るんですか」って聞かれるんですけど、それって、「来年の有馬記念」の予想をするのと同じくらい難しくて・・・。そもそも、その時にどの馬が強いかってわかんないでしょ、って。今年の有馬記念だって難しいのに。というのが、アメリカ政治を見ている人間の正直な感覚ですね。

 ただ明らかに、この選挙で雰囲気は変わりました。選挙後の1週間で、さまざまなデータが出てきています。「ほら、あれがよかった」「やっぱり、これは悪かった」なんて話もどんどん出てきています。それを見ながら、各陣営が戦略を練っているところでしょう。

 そうですね、誰が出てきますかね。共和党は人材豊富でおもしろいと思いますね。フロリダ州知事のロン・デサンティス氏がいて、マイク・ペンス元副大統領がいる。

 それから、ニッキー・ヘイリー氏。州知事と国連大使の経験があるインド系の女性です。マイク・ポンペオ元国務長官もいます。今、共和党の中で最大の勢力はトランプ氏ですから、トランプ氏とうまくやっていける人ということで挙がってくるかもしれません。

 民主党の方で言えば、バイデン氏としてはハリス副大統領を推したいのでしょう。ただ、なかなか人気が出ないですね。9月に来日もしましたが、ほとんど話題になりませんでした。

州知事同士の争いになればダイナミックに

吉崎氏:ほかには、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事。彼がなぜかフロリダ州でCMを流しているんですよ。どう見ても、将来の大統領選挙を考えているとしか思えません。党内左派勢力では、MMT現代貨幣理論)を主張し話題になったオカシオコルテス氏が大統領選挙の年齢要件である35歳を超えます。

 もうひとり、ミシガン州知事のグレチェン・ウィットマー知事も挙げておきましょう。今回、再選された女性知事です。

 米大統領選はここしばらく、上院議員からの出馬というのが増えていました。オバマ氏も、ヒラリー氏もそうです。つまり、普段からワシントンにいる人たちが中心になって、大統領選挙が戦われてきました。

 久々に今度は、州知事対決かなという気もしますね。民主党ニューサム氏と、共和党のデサンティス氏。やっぱり、有権者の中にはアウトサイダーを求める機運が高まっていると思います。もうワシントンインサイダーは、ガチガチでどうしようもないと。

 だからと言ってトランプ氏を送り込んでみたら、かき回されただけで終わっちゃった。アメリカの州知事は、日本の都道府県知事とは比較にならないくらい大きな行政権を持っています。州兵の指揮権までありますから、小さな国家を動かしているのと同じです。上院議員の方が法律は詳しいかもしれませんが、行政経験では州知事の方が豊富だとも言えます。

 そこでカリフォルニア州とフロリダ州という大きな州の代表が争うとなれば、米大統領選らしいダイナミックな感じでおもしろくなることでしょう。

意外と重要なジョージア州の12.6決選投票

——米国内政はどう展望しますか。民主党が大敗して内政は停滞、というのが中間選挙前のメインシナリオでしたが。

吉崎氏:バイデン氏は「事実上のレームダック」というような状況は回避しました。下院は共和党が優勢ですが、想定の範囲内です。むしろ思ったより悪くありません。

 やや先走った話ですが、12月6日ジョージア決選投票(上院)も、民主党が取る確率が高いと見ています。民主党にとってモチベーションが高い選挙だからです。

 共和党としては、ここで勝ったとしてもどうせ上院は50対50で負けです(編集部注:同数の場合、議長である副大統領が決定票を投じるため)。イマイチやる気がしません。

 民主党側にとっては、51対49と50対50では大違いです。すべての委員会で過半数を握ることになるからです。たとえ1人でも勝ちは勝ちです。

 51を取る効果は、民主党内にいる2人の「どっちつかず上院議員」にも発揮されることでしょう。ウエストバージニア州のジョーマンチン氏と、アリゾナ州のクリステン・シネマ氏です。

「インフレ、景気が焦点」は変わらず

吉崎氏:51議席を取れば、バイデン氏としても「キミたちのうち1人は反対しても構わないよ」「いつまでも強い立場だと思うなよ」と強気に出られる。2人にキャスティングボートを握られなくて済むんです。しかも、2人は2024年が改選期。あまり党に歯向かうことはできません。バイデン氏としては楽になりますね。

 ただ、政権運営は決して楽ではありません。最大の焦点は、引き続きインフレと景気動向でしょう。市場は、経済指標とそれに伴うFRBの対応に一喜一憂する状況が続くと見られます。

 バイデン氏としては、財政支出はすでに手を打ちましたし、切れるカードは多くありません。来年の景気はどう考えてもそんなによくなるとは思えません。失業率がいつまでも3%台ということもなくて、どこかで4%台に乗せてきます。

 もう1つ追加すると、2024年の上院選挙は民主党が苦戦することが今から見えています。なぜなら、前回2018年に大勝した後の選挙だからです。そういう困難が見えている中で、バイデン政権はかじ取りをやっていかなきゃいけません。

——米国の外交姿勢に変化はあるでしょうか。

吉崎氏:バイデン氏は10月、国家安全保障戦略を公表しました。その中で、いまの国際情勢は「デモクラシーとオートクラシーとの戦いだ」と言い切っています。民主主義対専制主義なんだと。

吉崎氏:そういう中で、おひざ元の民主主義が危ういと指摘されるような事態は免れた形です。足元の民主主義が揺らぐようなことは、我々同盟国からしても勘弁してくれという状況ですから、「悪い冗談はやめてよ」と言いたくなるところでしたが、その意味でも今回の選挙はうまく収まってくれたという感じではないでしょうか。

——ウクライナロシア、中国に対する姿勢はどうでしょうか。

吉崎氏:共和党が下院で優勢になったら「ウクライナ支援の額が減らされる」という指摘がありますが、私はそれはないだろうと見ています。

ウクライナへの軍事支援は「おいしい話」

 ペンタゴンが公表していますが、これまで累計の武器支援額は181億ドルで、今のレートで計算すると約2.7兆円です。すごい額です。でもよく考えたら、アメリカウクライナ支援というのは、武器を買う資金をウクライナに払っているわけじゃない。国内の軍事産業に対して払っているわけです。

 アメリカの軍事企業によって生み出された兵器がウクライナで使われているのです。その後何が起きるかというと、軍事企業は実戦のデータが取れて、雇用を産んで、税金も支払われて、なおかつ、結果としてアメリカの兵器のブランド力が上がり、ロシア産兵器のブランド力は低下しているわけです。アメリカにとってみればおいしい話なんです。

吉崎氏:対中関係では先日、米中首脳会談が3時間にわたって開かれました。お互い、ほとんど言いっぱなしだったことでしょう。台湾をめぐっても、半導体をめぐってもそうです。

 ただ、3時間言いっぱなしをリモートでやるのか、リアルでやるのかは大きな違いですよね。リアルでやるのはどういうことかというと、例えば、「習近平さん、あなたプーチンさんと何度も会っていますよね。本当のところ、あの人は何を考えているんですか」みたいな話もできます。こういうのはなかなかリモートでは聞けないですね。たとえオフレコでも、こういったやりとりは大事です。外交はリアルであることが大事なのです。

——中国とロシアとの隙間風も指摘される中での米中首脳会談でした。

吉崎氏:中国は言われているほど、ロシアに対して優しくないと思います。サマルカンドでの9月の中ロ首脳会談では、習近平氏がプーチン氏にかなり厳しいことを言ったのでしょう。実際に9月中旬から、ロシアの態度が変わってきましたね。

ロシアのカギ握る「グローバル・サウス」

 絶対に表には出てこない内容でしょうが、米中首脳会談ではおそらく、ロシアの核使用に対する見解についてもやりとりしたんでしょう。中国といえども、ロシアウクライナ核兵器を使うことは正当化できないはずです。

 プーチン氏がまだ「孤立していないんだ」と言っていられるのは、「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国の存在があるからです。グローバル・サウスの国々は現状、ロシアに対してどっちつかずの対応をしています。これがプーチン氏のプライドを支えているところがあるのだと思います。

もうG7の言うことは聞かないプーチン

 実は、この11月に開かれている4つの国際会議は、いずれもグローバル・サウスの国々が舞台になっています。COP27(第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議)はエジプトシャルエルシェイク、東アジアサミットカンボジアのプノンペン、G20(20カ国・地域首脳会議)はインドネシアバリ島、APEC(アジア太平洋経済協力会議)はタイのバンコクおまけに、サッカーワールドカップカタールです。偶然ではありますが、世界の主役は先進国ではなく、グローバル・サウスに移ってきています。今年はそういう年です。

 プーチン氏も、もうG7の言うことは絶対に聞きませんが、グローバル・サウスの言うことだとどうでしょうか。G7は無視できても、彼らは無視できない。

 例えば食糧輸出の問題を取ってみても、ロシアにとってアフリカの国々の支持を失うことは致命的です。核兵器も、この後に及んで使うような国はさすがに見放されます。もう応援し続ける道理がありませんから。

 ウクライナ問題でも、仮に仲裁ができるとしたらトルコインドネシアといった国ではないでしょうか。今後の外交を見る上で、グローバル・サウスはなかなかおもしろいポイントです。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「最大のルーザーはトランプ」で、「メシウマ」共和党本流が抱えるジレンマ

[関連記事]

エネルギー価格再上昇で2桁インフレも、米原油備蓄の「のりしろ」はわずか

老いる日本とは決定的な差、米中間選挙でZ世代パワー炸裂

1期限りとの見方が強いバイデン氏はいつ自らの去就を明らかにするのか(写真:ロイター/アフロ)