カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 フランスの湖で釣り上げられたのは、体重30kgにもなる巨大な赤色の魚。金魚のようにも見えるが、カワゴイ (Leather Carp)と呼ばれる人工飼育によるドイツゴイの一種と、ニシキゴイkoi carp)の交配種で、その色から西洋では「キャロット」と呼ばれている品種だそうだ。

 20歳のメスだそうで、釣り上げるのに25分かかったという。

【画像】 世界最大級の鯉の交配種が釣り上げられる

 フランスシャンパーニュにあるブルーウォーター レイクスで、世界最大級のキャロット(革鯉とニシキゴイの交配種)を釣り上げたのは、イギリス人のアンディ・ハケットさん(42 歳)。

 この湖は釣り人用に鯉が投入されている。このキャロットは15年前にこの湖に投入されたもので、年齢は20歳でメスだそうだ。

 その重さは30kg。すごく、大きいです。

1

 この池で釣った鯉はキャッチアンドリリースされる。このキャロットは、過去に何度か釣り上げられているという。

 ブルーウォーターレイクスのスポークスマンであるジェイソン・カウラー氏によると、昨シーズンキャロットは「約9回」捕まり、今年2月22日の時点で体重が28kgになっていたそうだ。

・合わせて読みたい→アメリカの湖で巨大化した金魚が猛繁殖、生態系への影響を懸念(米カリフォルニア州)

 この湖には他にも、うろこがほとんどないドイツ鯉の鏡鯉や革鯉などがいるが、地味な茶色をしているため、キャロットは釣り人に大人気なのだという。

 ハケットさんは記念写真を撮った後、丁寧にまた湖へと帰した。キャロットは元気にまた水の中を泳いでいった。

 次にこのキャロットを釣るのは誰か?その時は何キロになっていることだろう?

 ちなみに、ブルーウォーターレイクスの鯉はとても大きく、22kg越えはざらにいて、キャロットを越える大きさの鯉もいるという。それゆえに釣り人に人気なのだそうだ。

References:Massive carp named Carrot strikes again at French lake / written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

どでかっ!フランスで30キロの鯉の交配種が釣り上げられる