中国共産主義青年団の微博(ウェイボーアカウント・共青団中央はこのほど、福島第一原発の汚染処理水の海洋放出をめぐる日本の市民の声を紹介した。

アカウントは、中国国営の中央テレビCCTV)が日本の街頭で行ったインタビュー映像の一部を引用。そこには、高齢女性が「いいことは何も起きない。そんな放射性廃棄物なんて。それを海に薄めて流す、薄めてなんて言ったって結局海に入れば同じでしょう?幼稚園児でも分かることですよね」などと主張する様子が映っている。

日本による処理水放出の決定には以前から反発の声が根強く、中国のネットユーザーからも「恐ろしすぎる」「地球と人類に対する犯罪だ」「自分のところで生まれた核廃水は自分で飲んでください!世界を汚染するな!」「自らを害し、他者をも害する行為だ」といった声が並んだ。

また、「無害だと言うのなら日本国内で消費すればいいのに」「増加した軍事費を当てればきちんと解決できる問題じゃないか。結局、金がないんじゃなくてきちんと処理したくないだけ」といった指摘や、「『子どもでも分かる』。皮肉の利いた言葉だ」「中には子どもにさえ劣る人もいる」「彼女こそ頭がはっきりした人だ」などと女性の主張を支持する声も上がっている。(翻訳・編集/北田

中国共産主義青年団の微博(ウェイボー)アカウント・共青団中央はこのほど、福島第一原発の汚染処理水の海洋放出をめぐる日本の市民の声を紹介した。資料写真。