一条工務店(東京都江東区)は共働きをしている既婚男女を対象に、「共働き夫婦の家事シェアに関する意識調査」を実施した。その結果、女性が男性にもっとやって欲しいと思っている家事の1位が「部屋の片づけ」(37.7%)、2位は「トイレ掃除」(34.2%)、3位は「部屋の掃除」(33.4%)だった。

【結果を見る】配偶者にもっと担当してもらいたい家事は?

 一方、男性は過半数が「特にない」(52.3%)と回答し、以下「部屋の片づけ」(19.9%)、「料理」(17.6%)と続いた。

●主に担当している家事

 主に担当している家事について聞くと、女性の1位は「料理」(87.4%)で、2位は「買い物」(77.4%)、3位は「キッチン掃除」(77.2%)となった。

 一方、男性では1位が「ゴミ出し」(79.5%)で、2位は「浴室掃除」(69.0%)、3位は「食器洗い」(66.1%)という結果になった。

●家事分担の満足度は?

 家事の分担の割合に対して、満足しているか質問したところ、男性では約86%の人が家事分担に満足していた(とても満足12.4%、満足44.0%、やや満足29.8%の計)。

 一方で、女性は約56%(とても満足8.9%、満足22.9%、やや満足24.4%の計)となり、性別による大きな差がみられた。

●配偶者が行った家事への不満

 配偶者が行った家事に対して、不満や気になる点はあるか聞くと、女性では71.3%の人が、男性では40.6%の人が「はい」と回答した。

 続いて「はい」と回答した人に、「配偶者に家事に対しての不満を伝えるか」と尋ねると、女性の約25%(伝えたいが伝えられない16.7%、伝えない8.8%の計)、男性の約35%(伝えたいが伝えられない18.0%、伝えない17.5%の計)が配偶者に家事の不満を伝えていないことが分かった。

 配偶者に家事に対しての感謝を伝えているか質問すると、女性では約86%(よく伝える47.8%、たまに伝える38.6%の計)、男性では約79%(よく伝える35.9%、たまに伝える43.2%の計)が「伝える」と回答した。

●家事でケンカしないコツは?

 最後に「家事で配偶者とケンカをしないためにしていること」を尋ねたところ、1位は男女ともに「期待をしすぎない」だった。また2位は「口を出さない」、3位は「分担を決める」と、上位3位は男性女性ともに同じ順位となった。

 調査はインターネットで、共働きをしている既婚男女1350人(男性493人、女性857人)を対象の実施した。調査期間は9月24~30日。

「共働き夫婦の家事シェアに関する意識調査」の結果は?(以下プレスリリースより)