イケアジャパンは、11月25日から、全国のイケアストアで本物のモミの木の販売を開始した。また、「ジンジャーレッドハウス コンテスト2022」も11月18日から開催している。

画像付きの記事はこちら



 イケアでは、モミの木の販売を始めて今年で16年目を迎えた。毎年11月から12月にかけて、イケアの店頭にはモミの木が並び、その見た目と香りだけでクリスマス気分を存分に感じることができる。クリスマススウェーデンでは、もっとも大切な伝統行事の一つで、家族みんなで本物のモミの木を飾る習慣がある。

 イケアでは、より多くの人々に家で過ごすクリスマスをより特別なものにしてほしいという願いから、本物のモミの木を販売しており、サイズ、形などが異なるツリーの中から、好みの1本を選ぶことができる。水やりなど手入れをすることで、クリスマスシーズンを通じて、さわやかな香りと、生き生きとした美しい緑のツリーを楽しめる。好みのオーナメントで飾り付け、足元にプレゼントを置いて、特別なクリスマスツリーをつくってみては。

 また、今年はIKEA Familyメンバー特別価格を用意し、IKEA Familyメンバーにはさらにお買い得になった。なお、使い終わったツリーと「ツリー購入証明書」を返却期間内にイケア店舗に持っていくと、「ツリー購入証明書」は1000円分のお買物クーポンとして利用できる。回収したツリーは、地域の規制に従って責任をもって処分される。

 さらにイケアでは、今年も「ジンジャーレッドハウス コンテスト2022」を開催する。入賞者にはイケアからプレゼントを用意している。全国のイケア店舗では、ジンジャーレッドハウスをつくれるキットも販売する。

 本物のモミの木「アビエス モミの木」の価格は4999円。IKEA Family価格は2999円。

イケア、「本物のモミの木」を店頭で販売