改めて説明するまでもないが「花壇」といえば花が植えられたスペース、のはずなのだが…。以前ツイッター上では、奈良県で発見された花壇に「ツッコミの声」が多数寄せられていたのをご存知だろうか。

【話題のツイート】これが…奈良県…!


画像をもっと見る

■奈良の花壇、レベルが違いすぎる

今回注目したいのは、奈良県の妖怪に造詣があるツイッターユーザー・木下昌美さんが投稿した1件のツイート

こちらの投稿は妖怪に関したものではないものの、奈良県に関連した内容となっており、木下さんは「奈良くらいになると花壇に鹿植ってるから」と、謎の一文を綴っている。

奈良の鹿

いくら奈良が日本が世界に誇る「鹿大国」とは言え、そのような事態はあり得ないだろう…と、半信半疑で添えられた写真を見ると…そこには確かに、花壇に植えられた(?)複数の鹿が確認できたのだ。


関連記事:奈良県の自販機、売ってる物が明らかにおかしい 「ウソだろ…」と戸惑いの声も

■奈良では日常茶飯事なのか?

他県民からすると衝撃的な光景を捉えた件のツイートは、投稿から数日で7,000件以上ものRTを記録するほど、大きな話題に。

他のツイッターユーザーからは「鹿って植物だったのか…」「マジで鹿が植えてあった」「なるほど、こうやって鹿が増えていくのか」といった驚きの声が多数上がっていたが、奈良県民と思われる人物からは「奈良では日常茶飯事です」との意見も確認できた。

なお偶然にも、ツイッターでは木下さんが件のツイートを投稿する2週間ほど前に、合成としか思えない「大量の奈良の鹿たち」を収めた光景が話題を呼んだばかり。

有識者によるとこうした現象は「鹿溜まり」や「鹿フェス」などと呼ばれているようだが、こんな短期間に奈良の鹿に関するツイートが投稿され、そのどちらもバズりを見せるとは…。シンクロニシティならぬ「シカクロニシティ」とでも呼ぶべきだろうか。


■「数が多い=当然の存在」ではない

ツイート投稿主・木下さん奈良市内の「奈良国立博物館」と「氷室神社」の周辺にて、こちらの光景に遭遇したという。

なお、木下さんも前出の「鹿溜まり」というワードを認識しており、「夏になると博物館前には鹿が集まる『鹿溜まり』というものができますが、その様子を観察することをライフワークにしてます」というコメントが得られたのだ。どうやら奈良県民にとって鹿は「植え(ま)る」ものであり、「溜まる」もの、という認識で間違いないだろう。

地元の人々にとっても旅行客にとっても、見ているだけで癒される存在の鹿だが、人間絡みのトラブルも決して少なくない。

「奈良の鹿愛護会」は会の公式サイト内にて、2021年7月から22年3月の期間中、毎月最低でも1件は鹿が死亡する交通事故が発生(最多は21年11月の7頭)したと発表している。

また人間が与えた誤った餌や、ポイ捨てされたゴミを口にした鹿が病気になってしまったり、臆病な性格である鹿をいたずらに驚かせた結果、痛ましい事故が起こるケースもあるようだ。

奈良の鹿

奈良で多くの鹿が見られるのは日常的光景だが、それは決して「当たり前のもの」として、軽んじられる存在ではない。旅行などで奈良を訪れる機会がある際は、自身らのマナー不備が鹿たちの命に直結する可能性があることを、決して忘れないでほしい。

■癒される光景だ…!

・合わせて読みたい→有吉弘行、絶品ジビエ料理を堪能し感動 思わず涙した1品は…

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

奈良の花壇、植えられた物体が予想外すぎる… 県民は「奈良だと日常茶飯事」