メイン画像

関東では沿岸部に活発な雨雲がかかり、千葉県では落雷を観測している所もあります。午後も大気の状態が不安定で、局地的な強い雨や落雷、突風、ひょうなどに注意が必要です。

千葉県にカミナリ雲 伊豆諸島は激しい雨

きょう26日の関東は湿った空気の影響で、沿岸部を中心に活発な雨雲がかかっています。千葉県にはカミナリ雲が発生していて、落雷を観測している所もあります。

また、伊豆諸島では激しい雨が降り、大島空港では午前9時05分までの1時間に34.0㍉を観測。

この後も関東の沿岸部や伊豆諸島を中心に大気の不安定な状態が続く見込みです。

午後も局地的な強い雨や雷雨の恐れ

画像B

きょう26日の午後も、関東の沿岸部や伊豆諸島などでは大気の不安定な状態が続くでしょう。

午前11時現在、千葉県神奈川県東京都(伊豆諸島、小笠原諸島を含む)、茨城県カミナリ注意報が発表中です。夕方にかけては急に強まる雨や落雷、突風、ひょうなどに注意が必要です。

遠くでカミナリの鳴る音が聞こえたら、建物や車の中など安全な場所に避難するなど、対策をとってください。

落ち葉の季節 側溝周りの掃除を

画像C

関東などでは市街地でも街路樹の落葉が進み、落ち葉が増える季節になりました。側溝周りに落ち葉がたまると排水機能が低下して、大雨にならなくても冠水の原因となることがあります。

雨が降る前に掃除を済ませておくことが大切です。また、こまめに掃除をしていても一晩で大量の落ち葉が溜まることがあります。大きな水たまりができることもあるので、外出の際は長靴がよさそうです。また、車を運転する際も水が跳ねないようにお気をつけください。

関東に活発な雨雲 千葉県では落雷も 午後も大気の状態が不安定