宝島社から本日11月26日に発売した「このライトノベルがすごい!2023」にて文庫部門、WEBアンケートキャラクター男性部門、イラストレーター部門において『ようこそ実力至上主義の教室へ』が1位を獲得し4冠を達成したことが明らかとなった。

このライトノベルがすごい!」(通称:このラノ)とは、毎年11月下旬に宝島社から発行されるライトノベルガイドブック。本書にて「文庫部門」と「単行本・ノベルズ部門」の年間ランキングが発表されており、KADOKAWAMF文庫Jの『ようこそ実力至上主義の教室へ』(通称:よう実)が文庫部門で1位を受賞。2015年から始まったライトノベルよう実シリーズ2020年に『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編』として現在も刊行中。

「このライトノベルがすごい!2023」では1位を獲得した『よう実』の著者である衣笠彰梧氏を始めとするランキング作者のインタビューや、劇場版が大きな話題を呼んだ『ソードアート・オンラインシリーズ川原礫氏のインタビューも掲載されている。なお、「ノベルズ部門」では『本好きの下剋上』が1位を受賞した。


【公式サイト・情報元など関連リンク一覧はこちら】
「このラノ2023」にて『ようこそ実力至上主義の教室へ』が4冠達成