「『居場所がない』という意味が私にはわからなくて」中学3年の娘がトー横キッズに…母親が困惑した“オーバードーズ事件”と「広場にいきたい」 から続く

「ずっとやってないと信じたかったんですけど、『A子がパパ活してる』ってトー横の人に教えてもらって……“オトナ”ってやつをしているって聞きました。それを知った時はA子が帰って来ても顔も見れませんでした。そんなことして『ただいま』と帰ってきて、私がつくるご飯を食べている姿を見ると、どういうつもりなんだよ、って思いがわいてきました。大切に育ててきたのに、そんなことで自分を傷つけてどうするのって」(トー横キッズA子さんの母親)

 歌舞伎町・新宿東宝ビル横の広場などに集う少年少女たち、通称“トー横キッズ”。非行に走る彼らの原因を家庭環境に求める声も大きい。現在もトー横に通う娘A子さんとの向き合い方を模索している母親が、悩みを吐露した。

 中学校の部活では部長を務めるなど真面目だったA子さんがトー横に通っていることを母親が知ったのは、A子さんが中学3年生になった今年8月だった。それ以降、学校の話題は減り、A子さんは歌舞伎町のことばかり口にするようになっていったという。

「トー横って場所はお酒を飲まないとダメなの?」

 9月にA子さんがトー横で急性アルコール中毒で搬送された事件の後は、精神科で治療を受けた時期もあったが、A子さんは一度できたトー横という“居場所”をなかなか離れようとはしなかった。

「救急搬送された後、一度A子のトー横の友達に会いに行ったことがあって『トー横って場所はお酒を飲まないとダメなの?』と詰めたんです。すると友達は『そんなことはありません、私がちゃんと見張るからA子ちゃんが歌舞伎町に来るのを禁止しないでください』ってせがまれて……。その場では『2人のことを信じる』と約束しましたが、結局A子は居酒屋でお酒を飲んだり、『泊まれなければ死ぬ』といって歌舞伎町ビジネスホテルに外泊することまで始めました」

 A子さんの母親は、娘との接し方に迷っていた。警察や病院からアドバイスされたように、きつく叱れば『居場所がない』となってコミュニケーションが遮断される可能性が高い。かと言って見守るにも限度がある。「叱って済むならとっくに叱っている」という。

 救急搬送後は外泊する場合は誰とどこに泊まるかの連絡だけは来るようになったというが、酒の空き缶オーバードーズ(OD)の後とみられる風邪薬の空瓶が家のゴミ箱に捨てられるなど、非行はエスカレート。この頃には、週末になると歌舞伎町に泊まる日が続いていた。

歌舞伎町に泊まる日に、A子が一緒にいると言っていた相手のツイッターアカウントを見たら、ODに使う大量の咳止め薬を買ったという投稿がありました。気が気じゃなくて、匿名で警察に『トー横で未成年がお酒を飲んでいるみたいです』と通報したこともあります。それでもA子はトー横のなかで彼氏や“推し”ができたりして、完全に居つくようになりました。でもまさかパパ活までやり始めるとは思っていませんでした……」

 トー横に通うようになってからも、A子さんは母親と一緒に服を買いに出かけたりすることはあったという。その時も「高いから買えない」と価格を気にするなど、お金を多く持っている素振りはなかった。

 しかしA子さんの母親がトー横キッズを支援するボランティア団体と知り合う中で、A子さんが日常的にパパ活をしていることがわかってきた。

「本人は『パパ活はやっていない』と言っていましたし、線引きはできる娘だと信じていました。トー横の関係者の方に聞いたら『リアコシステム』というトー横内での“推し活”にお金がかかることがわかりました。A子がトー横の男性にお金を渡すところを見たという人もいました。A子とはよく一緒に買い物に行って『この下着かわいいね』と買ってあげたこともありますが、そんなことのために買ったんじゃないよ、って思います」

「すみませーん虐待です! 虐待されてます!」

 最終的な破綻は10月にやってきた。遊びに出かけたA子さんから10時頃に「泊まってく」とLINEが来たが、母親は「明日は学校だからダメ」と拒否した。新宿駅まで迎えにいくと、現れたのは泥酔したA子さん。「帰ろう」というと「は?」と返され、「お前となんか帰らねえよ!」と抵抗が始まった。

「A子から厚底の靴で強く蹴られ、顔を殴られ、口内が切れて口から血が吹き出しました。それからA子はふらつきながらも近くの交番に駆け込み、『すみませーん虐待です! 虐待されてます!』と叫んだんです。その後ろから私も『すみません、親です』と血まみれで追いかけていったんですが、警察も混乱したでしょうね」

 事情聴取などを経てA子さんはその場で児童相談所に一時保護となり、まだ自宅には帰って来ていない。中学3年生ということもあり今後について面談に行くと「何でもいい」と無気力に答えたという。

トー横がなくなれば「時間稼ぎはできます」

 なんとか高校に進学したとしてもA子さんの状況が変わらなければ高校も退学することになる可能性は高い。児相の担当者に「お母さんが頑張っているのは分かっています」と慰められたというが、一向に状況が改善する兆しはない。

「A子のことを心配しないでいい日が欲しいと思うぐらい追い詰められていたので、一時保護された時は正直安心しました。しばらくA子が危ないことをする心配はないわけですから。今はとにかく、トー横の問題を早く解決して欲しいです。『トー横という場を潰しても、第2、第3のトー横が生まれるから解決しない』と言われますが、次が生まれるまでの時間稼ぎはできます。その間にA子が高校に行って夢中になれることを見つければ『トー横なんていいや』となるかもしれませんし」

 自分の娘がトー横キッズになったという悩みを周囲に打ち明けることもできず、A子さんの母親は苦しみ続けている。

「トー横キッズニュースを見ても、特別に家庭環境が問題だったり、学校でいじめられたりと“問題を抱える子”の話だと油断していました。彼らは口をそろえて『親うざい』『家出したい』『学校嫌い』と言いますが、全員が親に殴られているというわけでもないはずです。『親がうざい』と言わないと仲間の中で浮くこともあるでしょうし。私がうちの環境はそんなに酷くないと油断して、呑気にA子を信頼していたことが、キッズになる予兆に気づかなかった最大の理由だと思います」

 後悔もあるが、仮に予兆に気づき止めたとしても、隠れて行くのを防げた自信はない。トー横という“居場所”が存在する恐ろしさはここにあると母親は語った。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

パパ活で稼いだ大金をツイッターで見せびらかす女子も