指輪・海・砂浜・ビーチ

美しい海岸を訪れ、金属探知機を使ってお宝探しをしていた男性。そのとき偶然見つけた指輪が意外なほど価値のある品だったこと、にもかかわらず持ち主を探し出して返していたことを、『People』などアメリカメディアが伝えている。

■海岸で見つけた美しい指輪

少し前のこと、ジョセフクックさん(37)がアメリカ・フロリダ州の海岸へ。金属探知機を持って歩いていたところ反応があり、さっそく掘ってみることにした。

すると指輪が出てきたためじっくり見てみると、古い品ではあるが美しく光る石もついている。「ひょっとしたら高価な指輪かもしれない」と考えたクックさんは、地元の宝石店に指輪を持って行き、鑑定を依頼した。


関連記事:霜降り明星・粗品、結婚指輪を紛失しガチ焦り 「心臓止まりそうやねん」

■想像以上の価値に衝撃

専門家が鑑定したところ、指輪の素材はプラチナで石はダイヤモンドであることが判明。価値は約4万ドル(約555万円)であることも明らかになった。

指輪の持ち主はきっと困っていると考えたクックさんは、さっそくSNSを更新。「指輪を失くした人をご存じありませんか」と書き込み、持ち主を探し始めた。


■泣いて喜んだ持ち主

約2週間が経過した頃、クックさんは知らない電話番号からの着信履歴に戸惑うように。しばらくは無視していたが気になって出てみたところ、電話の主はとある夫妻で「指輪の所有者です」と語った。

そこでビデオ通話で顔を合わせ指輪を見せたところ、夫妻は大感激。特に妻は感極まり、「信じられない気持ちです」と言い涙をこぼした。そして指輪の発見から3週間。クックさんはようやく夫妻と対面し、指輪を差し出した。


■「喜んでもらえた」という発見者

クックさんは「お二人にはとても喜んでもらえました」「(金属探知機で)見つけた物を持ち主に返すたび、もっと良い物が見つかるんです」とコメント。せっかく発見したお宝を返したものの、「そんなにガッカリしてはいませんよ」とも語った。

なおその後、クックさんは再びダイヤモンドを発見することに大成功。「因果応報は本当にあるんです」とも話し、多くの人に夢を与えた。

・合わせて読みたい→ぼる塾あんり、田辺智加の“左手薬指の指輪”について説明 「皆様…」

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

海岸で拾ったお宝指輪を持ち主に返した男性 善良な心で自身にも幸運が…