大阪府内では初めて導入。

市民から投票をつのりデザインを決定

大阪府堺市は2022年11月22日、市の魅力をアピールするイラストが入った「ご当地ナンバープレート」のデザインを「百舌鳥(もず)と古墳」に決定しました。

堺市では、市の魅力を知ってもらい親しみを持ってもらおうと、同年7月から「ご当地ナンバー」のデザインを募集。市民からの投票結果などを踏まえ、市の鳥「モズ」と、世界遺産である「百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)」が描かれたデザインが選ばれました。

イラスト入りの自動車ナンバープレートは、大阪府内では初めてで、国土交通省の審査を経て、2023年10月ごろから交付する予定です。

モズと古墳がデザインされたナンバープレート(画像:堺市)。