顔色や相手の反応に敏感、承認欲求や見捨てられ不安が強い…「不安型愛着スタイル」に悩む女性が陥った“恐るべき事態”とは から続く

 人に気を遣いすぎて疲れてしまう、自分が嫌われていないか過度に気にしてしまう、感覚が敏感で体調を崩しやすい……。こうした経験に悩みを持つ人は「不安型愛着スタイル」の傾向があり、男性の1割5分、女性の2割が該当すると推測されるというが、その実情とは。

 ここでは、精神科医の岡田尊司氏による『不安型愛着スタイル 他人の顔色に支配される人々不安型愛着スタイル 他人の顔色に支配される人々 』(光文社新書)の一部を抜粋し、母親からの押し付けに苦しむ女性たちの事例を紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

近年は母親の顔色に支配されたケースが多い

 かつては、横暴な父親の顔色に支配されて育ったというケースが多かった。したがって、すでに中高年になっている世代で、不安型愛着スタイルに苦しんでいるという人では、父親の存在が大きな影を落としていることがしばしばだ。

 だが、時代とともに父親の影が薄くなり、顔色に支配されるという場合も、父親よりも母親の顔色ばかり見て育ったというケースが多くなり、特に近年、その傾向が強い。

 母親が存在感を増したのには、核家族化や小家族化の流れの中で、母親だけのひとり親家庭が増えていることも関わっているが、父親の権威の低下や、父親が長時間労働や単身赴任などで実質的に不在であるという状況が当たり前になってきたことも挙げられる。

 さらに、少子化できょうだいの数が減り、子どもに対する母親の関与が濃くなっているということもあるだろう。

 いずれにしても、父親の関わりが減る一方で、母親のプレゼンスが増している。

 母親の顔色が、子どもを支配し、子どもの不安型愛着スタイルを助長するという場合にも、いくつかタイプがある。

(1)情緒不安定な母親

 その一つは、情緒不安定な母親の場合である。

 たとえば、母親自身が、自分をうまく支えられず、落ち込んだり、子どものように泣いたり、リストカットをしたり、死のうとしたりする場合には、子どもは、母親が本当に死んでしまうのではないか、いなくなってしまうのではないかと、安心感とは程遠い気持ちを抱えながら日々過ごさなければならない。

 気分が変わりやすく、とても上機嫌に可愛がってくれるかと思えば、些細なことで不機嫌になって、責め立てたり、ときには激昂して、「お前なんか生まなければよかった」とか「あんたなんか、うちの子でない」と存在自体を否定するような言葉を投げつけたりすると、安心感の土台が育まれず、たとえいま楽しく過ごしていても、いつ何時消え去ってしまうかわからない儚い関係になってしまい、本当の意味での信頼感が育まれない。

(2)自分が中心でないと機嫌が悪い母親

 もう一つは、母親が、自己愛性の傾向を強く持っている場合だ。

 不安定な傾向はなく、むしろ自信に満ち、実際に能力や学歴、社会的ステータスや職業、容姿や立ち居振る舞いの点でも優れていることも多く、第三者的には「立派な親」「魅力的で、羨ましい存在」と映ることも多いのだが、もっと近くで接すると、何事もその人が中心に回っていないと気が済まず、その人のことが少しでも後回しになったり、ないがしろにされたりすると、不機嫌になり怒り出す。

 そうした存在が父親であっても、いろいろ問題が生じやすいが、母親であった場合には、子どもはもっと愛情不足や関心不足を味わいやすい。子どもが輝けるように支えとなるよりも、母親自身が輝いていたいという思いが強いため、知らず知らずのうちに子どもの方が脇役の地位に置かれてしまう。

自己愛の強い親は、不安型愛着スタイルを助長してしまう

 子どもと競い合いそうになったとき、親の方が子どもに「主役」の地位を譲ることが、子どもの自己愛の健全な成長には必要だが、親の方が「主役」の地位に居座り続けてしまう。

 自己愛性の強い母親が機嫌を損ねると、後で面倒なことになりやすいため、子どもたちも賞賛する側に回り、母親の機嫌や満足を優先するようになる。子どもの満たされない自己顕示欲求は、自信のなさや自己肯定感の乏しさとなるか、歪に肥大した形で、大人になった後も引きずられてしまいやすい。

 自己愛の強い親は、相手への共感に欠け、冷たい面を見せがちで、子どもは関わり不足から回避型になる場合もあるが、親が自分の理想や基準にかなったときだけ賞賛してくれ、それ以外のときにはそっぽを向くという対応になると、愛されたいのに愛されないという葛藤が強まり、不安型愛着スタイルを助長してしまう。

サガンの愛情飢餓と母親との関係

 18歳のときに初めて書いた小説が、空前の大ヒットとなり、一躍スター作家となったサガン。電力会社の重役である父親を持ち、恵まれたブルジョア家庭に生まれ、三人兄弟の末っ子として特別に甘やかされて育った、人も羨むようなラッキーガールが、なぜアルコールや薬物、そして身を滅ぼしかねないスピード狂やギャンブルに溺れていかねばならなかったのか。

 サガンの孤独と愛情飢餓の根源は、母親との関係にあったようだ。母親は、外から見る限りでは、理想的な母親とも映るのだが、決定的な一つのことが欠けていた。彼女はあまり子育てに関心がなかった上に、サガンには、特に関心が持てない理由があった。サガンと上のきょうだいとの間には、少し年齢が離れているが、実はその間にはもう一人兄がいたのだ。

 その兄は幼くして亡くなってしまう。その後、生まれたのがサガンだった。子どもを亡くした親の心理として、新たに生まれてくる子どもを、亡くなったわが子の生まれ代わりのように感じてしまうということがある。だが、生まれたのが女の子だと知ったとき、母親は戸惑いを覚えたに違いない。それでも、世話をするうちに、かけがえのない存在となるものだが、一家は裕福で、子育ても下女がやってくれたので、母親はサガンに関心が持てないまま、彼女は育っていくこととなる。

 いや、そもそも亡くなった幼い兄に対して、母親がどれだけ愛情を持って育てていたのかにも疑問が呈されている。兄のモーリスは、暑い日にベビーベッドで脱水状態で亡くなっていたのだ。

(3)自分のルールを押し付けてしまう親

 三つ目タイプは、義務感やきちんとさせようとする思いが強い親で、前の者よりもさらに問題に気づかれにくい。とても献身的で愛情深い、理想の母親と、周囲も母親自身も思っていることが多いタイプである。

 だが、子どもの立場からすると、押し付けられ感や口うるさい感じがあり、注意や叱責を受けないように、つい親の顔色をうかがってしまうようになる。親のルールが基準であり、それ以外は認められない。その子にとってどうかということは、あまり顧みられず、親がそうでないとダメと思い込んでいる価値観や基準が強制される。

一方的な押し付けは虐待になってしまうことも

 本来、子どもがのびのびと自分の可能性を発揮できるためには、子どもが求めていることには応えるが、求めてもいないことには手出し、口出しをしないという応答性の原理がとても重要になる。ところが、この部分が無視されて、本人の気持ちに関係なく、親の思いの方が優先されてしまう。

 一見すると、とても献身的で、手厚く世話や愛情を注いでいるように見えるのだが、実は、親がやりたいこと、やらせたいことを強いているだけという面が見えてくる。安定した愛着を形成するためには、安全基地となることが求められ、そのための大事な条件の一つは、共感的な応答ができているかどうかということなのだが、一方的な押し付けになってしまう。

 その差はとても小さなことに見えて、限りなく大きい。実際、自分の基準を押し付けてしまう関わり方は、それが熱心であればあるほど、むしろ虐待になってしまうこともあるからだ。

 最近、身近で、こうした母親との関係に苦しんでいるケースが増えている。

適応障害の裏に見えてきた母親の押し付け──麻奈美さんのケース

 麻奈美さん(仮名)は、30代の女性で、最近、会社に行くのがつらくなっている。仕事自体は、やりがいがあると感じているが、男性の同僚との関係が重荷に感じられる。もともとは親切にしてくれていたのだが、少し気を許しているうちに、セクハラまがいなことを言ってくるようになり、それで距離を取ろうとすると、今度は、あら探しをされたり、意地悪な発言をされたりするようになったのだ。

 自分としては、相手との関係を大事にしようとしていたことが、こんな形で返ってきたことに、すっかり自信をなくしている。

 それだけの情報だと、同僚からのハラスメントによる適応障害のケースだといえるだろう。実際、会社をひとまず休むことにして、順調に回復していたのだが、それですんなりとはいかなかったのだ。適応障害であれば、仕事を休むことで回復するのが普通だが、彼女の場合は、ときどき悪化してしまうのだ。

こうしなさい、ああしなさいと言うだけ

 話を聞いていると、悪化のきっかけとなるのは、たいてい母親がやってきた後だった。通常ならば、母親と会っていろいろ話をすれば、いっそう気持ちが楽になるものだが、彼女の場合は逆だった。母親に会う前から緊張感があり、母親に会うと、その態度や言われたことによってもやもやした思いが強まり、すっかり落ち込んでしまうのだ。

 麻奈美さんは小さい頃から、母親の自慢の娘で、麻奈美さんも母親を尊敬していて、何事も母親の意見に従ってきたという。だが、結婚した頃から、母親の考え方に違和感や反発を覚えるようになった。

 それでも、母は娘のことを誰よりも考えてくれて、一番いいと思うアドバイスをしてくれているのだと思おうとした。しかし、母が夫の悪口を言ったり、子育てに口をはさんでくるようになると、話をするたびに、ほっとするよりもイライラや不快さが募るようになっていた。

 考えてみると、母は麻奈美さんの話をただ聞いて、大丈夫、よくやっていると、そのまま肯定してくれたことが一度もなかった。娘の話を聞くよりも、ただ正しいことを教えようと、こうしなさい、ああしなさいと言うだけだった。

 そんな母と会うと、気が楽になるより、かえって気疲れしてしまうので、母に頼ることを避けるようになった。母に手伝ってもらうのが嫌で、子どもができて大変なときも自分一人で何とかしようとしていたということも、疲れてしまった一因だった。

初めて母親の意見に逆らい、自分に合った働き方を選択

 しかし、母が来ると、余計に落ち込むようなことが起きる。調子が悪くなり、休みがちになってからも、「仕事はやめない方がいい」とか、「やめたら、あんないい会社の社員にはもうなれないよ」とか、逃げ道をふさぐようなことを言うのだ。

 母は、娘の健康や精神状態よりも、世間で一流と呼ばれる会社の正社員でいることの方を優先するのかと思い、そう思うと、これまでに母親から言われたり、されてきたことが、いつも麻奈美さんよりも母親の基準を押し付けることだったなと思えてくるのだった。

 それに従うしかないと自分を殺し、相手に合わせる生き方をしてきたことが、ハラスメントにもはっきりとノーと言えないことにつながっているように思えてきたのだ。

 その後、麻奈美さんは、初めて母親の意見に逆らって、会社をやめ、もっと自分に合った働き方をすることを選んだ。

※事例については、実際のケースヒントに再構成したものであり、特定のケースとは無関係です

(岡田 尊司)

©iStock.com