宮崎駿監督は面白いおじさん? ジブリ声優・山口勝平が語った『魔女の宅急便』アフレコ秘話 から続く

「何やってるんだ! お前がしっかりしないでどうする!」――声優としてまだ未熟だった20代山口勝平さんのエピソードをお届け。『らんま1/2』で経験した録音監督の叱咤に、今も感謝し続ける理由とは?

 山口さんによる初の書籍『勝平大百科 50キャラで見る僕の声優史』より一部抜粋してお届けする。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

魔女の宅急便』のオーディションに受かってから収録まで、半年くらい時間があって、その間に『らんま1/2』が決まりました。

らんま』のオーディションは長かったんです。というのも皆さんもご存じ、早乙女乱馬は水をかぶると女になってしまうという設定だったので、配役もいろいろなパターンが試されていて。

 男の乱馬と女らんまを両方一人の声優が声を変えてやるか、声は変えずに演じ分けるか。ボイスチェンジャーを使うという話まであって、僕も女らんまもやりました。

 最後は5人くらいに絞られて。僕以外は全員女性の方でしたね。そして最終的に、僕と林原めぐみさんが男と女を別々にやる形になったわけです。

 その時期はちょうど、劇団でもいつもの小劇場よりは名前のある劇場で公演を打つ稽古期間だったんです。気持ち的にはそっちでワーッとなっていました。

らんま』に受かったことも劇場で聞いたんですが、舞台が終わってすぐ、本番後の高ぶりもあって、一瞬「何のことだろう?」とわからなくて(笑)。声優の世界にまだ片足も踏み込んでないような状態で、オーディションに受かるという感覚もわかっていなかったんです。我に返ってから「あっ、あれか」と、信じられない気持ちになりました。

 放送が始まって、地元の両親も喜んでくれました。芝居をやりたいから東京に行くと言った時「5年やってダメだったら帰ってこい」ということになっていて、当時ちょうど5年目だったんです。僕自身もうれしくて、頑張って買ったビデオデッキで録画して、1話は何回も、それこそテープがすり切れるくらい繰り返し観た記憶があります。

林原めぐみさんから盗み、日髙のり子さんにすがり……

 プレッシャーはやっぱりありました。スタジオの中で、声優経験ほぼゼロだったのは自分だけ。それで主役をやらせていただくわけですから、みんなに迷惑をかけないように、もっともっとうまくなりたくて。

 林原めぐみさんがすごく達者な方で、戦って技を出すときの息づかいとか、動きのあるセリフなどは「そうやるんだ」と彼女の演技を見て盗んでいました。ほかの先輩たちのお芝居も観察して、自分でも試してみたり。

 現場では最初、乱馬の許嫁のあかね役の日髙のり子さんが唯一知っている方だったので、不安なことがあると、わらにもすがる思いでのんこさんにすがっていました。

「今のセリフ大丈夫でした?」とか。僕は当時、のんこさんのことを大ベテランみたいに思っていましたけど、のんこさんだって実際は声優を始めて、まだそんなに経っていなかったんですよね。今考えたら、相当迷惑だっただろうと思います(笑)

「お前がしっかりしないでどうする!」録音監督の叱咤

 あと、録音監督の斯波重治さんが、僕がちょっと迷って演技をしていたり、こなれてないしゃべり方をしたりしていると、的確に指摘をしてくださいました。声優のことを何も知らなかった自分を育ててくれたのが、斯波さんだったんです。今でも斯波さんって聞くと背筋がピンッと伸びます。

 僕はマイクの使い方もよくわかってなかったんですけど、「マイクを吹く」ということがあるんですね。バビブベボやパピプペポで息がマイクに当たると、ボフッて音が入ってしまう。1クール録ったくらいの格闘ペアスケートの回で、後に乱馬の名ゼリフとなる「あかねは俺の許嫁だ。手を出したらぶっ殺すぞ!」の「ぶ」で吹いていると、テストで斯波さんにダメ出しをされました。

 ラストテストでも「まだ吹いているから気をつけて」と言われて、次が本番。斯波さんは流れを重んじて録る方で、基本的に本番中は芝居を止めないんですけど、僕がまた吹いてしまって、そしたら映像がパッと止まって、調整室から「何やってるんだ! お前がしっかりしないでどうする!」と怒鳴られたんです。めちゃめちゃ怖かった……。

 でもどうしたらいいのかもわからなくて。そこで一度中断、休憩ってことになったのですが、スタジオを出ながら先輩方が皆さん無言の応援をしてくださっているのをひしひしと感じました。一人スタジオの中で「どうしよう? どうしよう?」と焦りながら、親父役の緒方(賢一)さんや山寺(宏一)さんからのアドバイスをもとに、とにかく思い切ってやってみることしかできず。次でOKが出た時は、すごくホッとしたのを覚えています。

 その時のプロデューサーさんに後で聞いた話だと、初めて声優をやっている子にあんなに怒鳴ったら、もうできないんじゃないかと思ったと。でも、斯波さんは「あの子は怒鳴っても大丈夫。どうです? 自分が見つけたんだ」とうれしそうにおっしゃったと聞いて、なんかすごくうれしかったですね。

「僕が満足した乱馬はまだ1本もやってくれない」

 あれこれありながらも、『らんま』はずっと楽しかったです。全部で161話かな。残り3回になった時、斯波さんと帰りの電車で一緒になって「あなたはいい意味で悪い意味でもうまくなった」と言われました。「悪い意味」は多分、クセが付いてきたということなのかなと思いました。

 3年くらい経って、テクニカルな技術も増えてきたけど、同時にそれが邪魔もするというか。大まかには「良くなった」という一方で、「僕が満足した乱馬はまだ1本もやってくれない」とも言われました。160回近く録ってできなかったことを、残り3回でできるわけはありませんけど、僕はそれを斯波さんからのエールだと受け止めました。その言葉があったから、常に現状に満足することなく、まず「自分がうまいわけがない」と思いながら、今もやれています。

 早乙女乱馬は、自分が演じた中で最も大切なキャラクターです。人間味にあふれていて飾らないところがすごく好きなんです。乱馬以降、僕の中で少年役をやっていくに当たって、「カッコよく演じない」ことが軸になっていきます。カッコよく演じるのではなく、結果カッコよければいいだろう、という感覚です。

 後に同じ高橋留美子先生の『犬夜叉』を演じた時に、犬夜叉のほうが半分妖怪で荒っぽい感じがしてたんですが、演じてみたら実は根はとても真面目。比べて乱馬はふざけたヤツだったなと(笑)

 女に変わるのがイヤだと言いながら、女の強みもわかっていて、途中から武器にしている。意外と自分がモテることも自覚している。乱馬のそういうズルいところも、すごく好きです(笑)。自分が年を取るほど、乱馬のことが愛おしくなっていきますね。

 演じてきたキャラクターにはすべて自分の持っているものを切り出し、同じように愛情を注いで役作りしているつもりです。それでも、やっぱり乱馬は一つ別のところにいる感じがします。大げさに言えば、僕の人生が終わるときにも、一番に思い浮かべる役だろうなと。それくらい自分にとっては代表作。声優のスタートが乱馬で本当に良かったと思っています。

らんま』が始まって1年くらい経った時にバイトは辞めました。まだ生活はキツかったんですけど、自分は声優としてやっていくんだと、腹をくくることにしたんです。

(山口 勝平)

声優・山口勝平さんのルーツでもある『らんま1/2』の思い出をお届け。イラストは山口勝平さん直筆のもの