「宮崎監督が突然(スタジオに)入ってきて」――1989年の映画『魔女の宅急便』のトンボを演じた声優・山口勝平さんの思い出を紹介。

 アフレコ現場で驚いた「宮崎駿監督の行動」とは? 山口さんによる初の書籍『勝平大百科 50キャラで見る僕の声優史』より一部抜粋してお届けする。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

ジブリ山口勝平

 映画『魔女の宅急便トンボは、僕が最初にオーディションで受かった役です。最初に世に出たのは『らんま1/2』なんですけどね。

 当時はジブリアニメに出ることの意味すらよく理解していませんでしたけど、今から思えば最初からすごい作品に当たったと思います。

 ジブリ作品は『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』を観ていましたし、宮崎駿監督の『ルパン三世 カリオストロ』は大好きでした。子供の頃だと、テレビで『アルプスの少女ハイジ』や『未来少年コナン』も観ていて。

 オーディションを受ける際にキャラクターイラストや簡単な設定が書かれたキャラ表をもらうのですが、トンボのニカッと口を開けて笑う表情を見て、「あっ、やりたい」と思ったのをよく覚えています。当時まだ結婚していなかった妻が一緒に見て、「こういう顔をして笑う子なんだね」と言ったのが、けっこうヒントになりました。

 アフレコは振り返ると、それなりに緊張はあったかもしれませんけど、楽しかった思い出しかありません。スタジオの中に虫が入ってきた時に、宮崎(駿)監督が突然入ってきて、輪ゴムを飛ばして撃とうとしたり(笑)

 面白いおじさん…なんて監督のことを言ったらいけませんけど(笑)、そんなふうに当時は思っていました。演技に関しては特に要望はなかったですが、自分では何を悩めばいいかもわからない状態で、とにかく一生懸命やっていました。プレッシャーを感じる暇もなかった気がします。練習の仕方もわかっていませんでした。

 リハーサル用にもらったビデオが、線画で色はついてなかったけど、それ以外はほぼ完璧で、普通に「すごいな。面白いな。なんか得した気分」と思いながら観ていて(笑)ビデオデッキもこれと乱馬のために頑張って買いました。

テクニックはなくてもピュアで素直な演技

 収録は2日間でした。現場では、スタジオのどこにいたらいいのかわからず、先に収録が始まっていた『らんま1/2』でも共演していたキキ役の高山みなみさんにずっと引っついてました(笑)

 もう30年以上前になりますけど、トンボセリフはほぼそらんじて言えます。特に印象的なのは、トンボが最初に登場したところですね。

 警官に怒られているキキを助けるために「泥棒!」と叫んで、「泥棒って言ったの、僕なんだぜ。君、魔女だろう? 飛んでるところを見たんだよ」って、初対面のキキにどんどん話しかけて。

 キキが「失礼よ!」と飛び去った後の「カッコいいー」と言った時の表情も、すごく覚えています。

 自転車をこいで「蹴って!」のシーンも。

ジブリアニメに求められるもの

 トンボは本当に天真爛漫でしたけど、そこを計算してやれるほどの技術は、当時の僕にはありませんでしたね。

 今『魔女の宅急便』でトンボを観ると、素直にかわいいなと思います。

 まだ声優としての山口勝平の輪郭が出来上がっていない状態で。自分で言うのも変ですけど、ただただピュアな素材という感じがします(笑)

 それがジブリアニメ、宮崎監督の作品には合っていたんでしょうね。2〜3年声優をやった後で、山口勝平スタイルみたいなものがある程度できてからオーディションを受けていたら、多分受からなかった気がします。

 テクニックは全然なくても、素直に伸び伸びと演じている。一時はそんな自分の演技が恥ずかしくて、『魔女の宅急便』を観られないときもありました(笑)

 今はもう、自分の子供か孫を見るような感覚です。

 この作品と『らんま1/2』なしでは僕は声優のスタートを切れなかったので、本当に恵まれていました。

 公開されてから、妻と映画館に観に行きました。大きなスクリーンに自分の名前が出た時は、やっぱり高揚しましたね。劇団の先輩たちも観に行ってくれて、もう完成した作品なのに「セリフを間違えないかソワソワした」と言われました(笑)

声優は一時的な仕事だと思っていた

魔女の宅急便』は日本アカデミー賞で特別賞を受賞しました。授賞式には本来は宮崎監督が出席するところですけど、なぜか(高山)みなみさんと僕で「行ってくれ」ということになりまして。

 僕はまだ小さなスーパーアルバイトをしていて、キキのセリフではないですけど、パーティーといっても着ていく服もなかったんです(笑)。慌ててバイト代をはたいてとりあえずスーツを買いました。バイト先にも声優をやっていることは話してなくて、「日本アカデミー賞に出席することになったので、休ませてください」と言ったら、「お前、何を言っているんだ? 大丈夫か?」と言われました(笑)

 その頃はそんな感じで、自分がそれ以降も声優として歩んでいくとは思っていなかったんです。どちらかといえば、年に3本くらいやっていた劇団の舞台に没入していて、声優は一時的な仕事。

魔女の宅急便』も、役者人生の中の、思い出みたいになるんだと思っていました。
 

「お前がしっかりしないでどうする!」アフレコは一時中断…『らんま1/2』声優・山口勝平を磨いた「ある録音監督の叱咤」 へ続く

(山口 勝平)

宮崎駿監督は面白いおじさん? 『魔女の宅急便』トンボ役の山口勝平さんが当時の思い出を紹介 ©文藝春秋