健康診断の結果が毎年悪く、何とか改善したいと考えつつも何もできていない。そんなときは朝に走る「朝ランニング(朝ラン)」に挑戦してみてはいかがだろうか。昼や夜に走るときとは違う健康効果があり、時間帯として続けやすいのもメリットだ。そんな朝ランの健康効果や続けるためのコツについて解説する。

画像付きの記事はこちら




●さまざまな効果がある



 朝ランにはさまざまな健康効果があるといわれている。特に注目すべき、三つの効果を紹介しよう。


●体内の糖質が少ないので痩せやすい



 痩せたいと考えている人に注目してほしいのは、朝ランがダイエットに効果的とされている点。朝は体内の糖質が少ないため、運動エネルギーとして脂肪が利用されやすく、体脂肪を落とすのにうってつけなのだ。

 一方で体内の水分も少ないため、走る際はしっかりと水分補給してほしい。長い距離を走るなら栄養補給も必要だ。


●朝日を浴びて睡眠の質をアップ



 朝ラン時にしっかりと太陽の光を浴びることで、睡眠の質を改善できる可能性がある。これは朝日を浴びることで自然な眠りを誘う働きのあるホルモン「メラトニン」の分泌が促されるため。睡眠の質が良くなれば仕事もプライベートもより活発にこなせるだろう。

 ただし、急に強度の高いランニングを始めると疲れて日中に眠くなる可能性がある。昼寝をしすぎると逆に夜の睡眠に影響が出る可能性がある上に、仕事に支障をきたす可能性があるため注意してほしい。


●高血圧対策になるという研究結果も



 ある研究によると、朝のエクササイズによって夜間の血圧が低くなるという結果が得られているという。睡眠の改善によるものとされており、血圧が高すぎると診断された人には朗報だ。

 このほか、集中力の向上、注意力の維持、継続力と自制心の改善など朝ランにはさまざまな効果が報告されている。健康に気を遣うなら、ぜひ取り入れてほしい。


●朝ランを継続する3つのコツ



 朝ランが健康改善に効果的と分かっていても、眠い朝にランニングを継続するのはなかなか難しい。朝ランを継続するためのコツを三つ紹介しよう。


●1日の最初の予定に入れる



 まず心がけたいのが、ランニングを1日の最初の予定に入れるという点。毎日の暮らしの中でさまざまな不測の事態が発生することがあり、それにより予定が変更される可能性がある。例えば、出勤直前にランニングしようと考えていても、急な会議や出張で難しくなるかもしれない。

 朝一番の予定としてランニングを入れておけば急なスケジュール変更があっても影響を受けづらく、継続につながるだろう。


●四季の移り変わりが感じられるコースを選ぶ



 ランニングで同じコースを毎日走っていると次第に飽きてくる可能性がある。都会の道を走る場合、特に風景の変化が乏しくランニング中の楽しみを見つけにくいかもしれない。

 そこで、ランニングのコースの中に四季の移り変わりが感じられる場所を取り入れたい。例えば公園をコースに入れれば、春の芽吹き、夏の深緑、秋の紅葉、冬の落葉など、日々少しずつ変わっていく季節を感じられ、楽しみが増える。


●体調に合わせて走る



 ランニングを始めた日から、限界まで走り込むようなランニングはおすすめできない。ランニングは継続してこそ意味があるため、自分の体力やその日の体調と相談し、無理のない範囲で走るようにしよう。

 また、ランニングの時間を確保するために睡眠時間を犠牲にするのもおすすめできない。専門家によると、十分な睡眠時間の確保は、運動と同じくらい健康や体重管理に効果的だという。さらに、筋肉組織は寝ている間に修復されるため、せっかく運動しても睡眠時間が足りないと無駄になる可能性もある。ランニングのために朝早く起きるなら、夜は早めに寝たほうがいい。


●朝ランで生活を変えてみよう



 朝ランには高い健康効果が見込まれ、自分の生活を一変させるポテンシャルを持っている。シューズやウェアなどと最小限で気軽に始められることから、続けやすいのもメリットだ。

 思い立ったが吉日。少しでも興味がわいたら明日から始めてみてはいかがだろうか。(ライターハウザー
朝ランを始めてみては?