昔から、視聴者を笑わせるのが目的のテレビ番組では、いわゆる『身体を張った笑い』が求められがち。

お笑いタレントが自身の身体を傷めるようなことをしたり、『罰ゲーム』として難題をふっかけられたりといったパフォーマンスは定番といえるでしょう。

しかし時代が変わるにつれて、『身体を張った笑い』を危険視する声も上がるようになりました。

松本伊代、バラエティ番組の『不正解演出』で腰椎を骨折

2022年11月26日、歌手やタレント、俳優としてマルチに活躍している松本伊代(まつもと・いよ)さんがテレビ番組の撮影中に負傷したことが明らかになりました。

産経ニュースによると、松本さんが負傷したのはバラエティ番組『オオカミ少年』(TBS系)の撮影時。

クイズに不正解し、ウレタンのクッションが敷き詰められた深さ約2.7mの穴に落下した際に負傷し、全治約3カ月の腰椎圧迫骨折と診断されたといいます。

バラエティ番組での『身体を張った笑い』に賛否の声

先述したように、落とし穴にはウレタンのクッションが敷き詰められており、落ちた際のダメージを軽減するよう工夫が施されています。

また、出演者は不正解だった場合に何が起こるかを知った上で、撮影に参加しています。

ですが、いくら安全対策をとっていても、時にはこういった事故は起こってしまうもの。過去にも、さまざまな番組で『身体を張った笑い』による事故は起こっていました。

松本さんの負傷は拡散され、多くの人がバラエティ番組の『身体を張った笑い』について考えさせられたようです。

【肯定的な声】

・完全に事故を防ぐのは、どれだけ対策をしてもさすがに無理なのでは?

・なんでもかんでも「危険だからやめろ」というのは、世の中をつまらなくしていると思う。

タレントはそういうことをやるのが仕事だし、分かった上で引き受けていると思うんだけど…。

【否定的な声】

松本さんはもう57歳。年齢的にも、これは危険すぎると思う。

・2.7mは深すぎるよ…。打ち所が悪かったら、障がいが残る可能性もある。

落とし穴は『昭和の笑い』じゃないか?笑いも時代に合わせていくべき。

今回の事故に対し、TBSは「安全対策に努めておりましたが、大変申し訳なく思っております」と謝罪。

また、松本さんは「ご心配をおかけして申し訳ございません。今は治療に専念し、早く元気になれるように頑張ります」とコメントを発表しました。

出演者がケガをしては、視聴者は笑うことができないはず。業界全体が『身体を張った笑い』について改めて考える時が来たのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース