メイン画像

きょう27日(日)は、北日本や北陸ではきのう26日(土)に比べて大幅に気温が下がり、最高気温が10℃以上低くなった所も。一方、関東から九州にかけては、20℃前後まで上がり、ポカポカ陽気に。あす28日(月)は北日本や北陸の寒さはいったんやわらぎそうです。

北日本と北陸で気温大幅ダウン

画像A

きょう27日(日)は、高気圧に覆われた西日本や東日本を中心によく晴れて気温が上がりました。
午後3時までの最高気温は、関東から九州にかけては、20℃前後まで上がり、上着いらずの暖かさになりました。
東京都心はきのう26日(土)よりも2.6℃高い19.2℃、福岡市ではきのうに続き20℃以上の暖かさになりました。

一方、冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込んだため、北日本や北陸ではきのう26日(土)よりも大幅に気温が急降下しました。
午後3時までの最高気温は、札幌市では、きのう26日(土)は14.6℃だったのが、きょう27日(日)は4.9℃で9.7℃低くなり、旭川市では、きのう26日(土)は12.5℃だったのが、きょう27日(日)は2.3℃で10.2℃も低くなりました。

東北や北陸もきのう26日(土)より5℃以上低かった所が多くなりました。なお、きょう27日(日)は最高気温が未明に観測された所も多かったため、きのう26日(土)の日中と比較すると、差は更に大きくなりました。

あす28日(月)北日本や北陸はいったん寒さやわらぐ

画像B

あす28日(月)は、九州から関東、北陸にかけて日中は晴れる所が多いでしょう。東北や北海道日本海側も日が差す見込みです。

最高気温はきょう27日(日)は寒かった北陸や東北、北海道も気温が上がりそうです。金沢は20℃できょうより5℃以上高く、札幌は3℃くらい高い8℃の予想です。仙台は13℃の予想で、あすも空気の冷たさが続くでしょう。

季節が急前進 雨の後は本格的な冬到来

画像C

あさって29日(火)~30日(水)は、前線を伴った2つの低気圧が、発達しながら日本海北部と本州付近を進む見込みです。
全国的に雨や風が強まるでしょう。低気圧の発達度合いによっては、大荒れの天気となるおそれがあります。外出の際は十分ご注意ください。

雨の後は寒気が南下し、12月1日(木)は全国的に一気に冬の寒さになるでしょう。
北海道は広い範囲で、今シーズン初めて一日中氷点下の真冬日となり、東京や名古屋、大阪も10℃を少し超える程度で、北風も強まり、ダウンコートが欲しいくらいの寒さです。西日本からは、初雪の便りが届くかもしれません。
暖かいコートを準備したり、暖房器具を点検しておくなど、冬支度を進めておきましょう。

北日本と北陸で気温大幅ダウン 前日差10℃以上も あす28日(月)は寒さやわらぐ