冤罪事件はいまも絶えない。しかし、明治、大正、昭和戦前までは人権感覚がいまとは比べものにならないくらい乏しく、捜査で拷問や脅迫、強制なども行われ、多くの問題が生じた。今回取り上げるのも冤罪の疑いが濃い事件だが、内容はすさまじい。

 新潟県の農家で年末、当主が惨殺されたが、その妻、長男、次男、義母の4人が起訴され、一審では全員に死刑判決が下された。控訴審では一転、長男の単独犯とされて他の3人は無罪に。長男は無実を訴えながら死刑に処された。

 当時は大正デモクラシーの時代に入ろうとしていた半面、農村ではさまざまな活動を国家と結び付ける動きが進むなど、社会が大きく変わろうとしていた。事件の背景には何があり、事件は何を残したのか――。当時の新聞記事を適宜現代文に直し、文章を整理。今回も差別語、不快用語が登場するほか、敬称は省略する。

「鮮血が地面に流れ、壁には血の飛沫が…」

 事件発生は1914(大正3)年12月30日朝。本来なら当日の夕刊か翌日の朝刊の新聞にニュースが載るはずだが、年末で夕刊はほとんどなく、当時は大みそかは休刊の新聞も多かった。おまけに発生場所が新潟で、在京紙の関心は薄かったのだろう。

 発生を報じた新聞は見当たらなかった。地元紙・新潟新聞(新潟日報の前身の1つ)は報じたはずだが、国会図書館所蔵のマイクロフィルムは欠落しているようだ。「新潟県警察史」にも事件の記述はない。

 事件報道が極端に少ない代わりに、控訴審で弁護人を務めた大場茂馬弁護士(のち衆議院議員)の回想録がある。それと森長英三郎「続史談裁判」(1969年)などから発生状況を書く。

 12月30日朝、新潟市の南約12キロにある新潟県中蒲原郡横越村(現新潟市)の農業、細山幸次郎(49)方で、家族が朝食を食べようとして、養女(14)が米つきに行っていた幸次郎を呼びに納屋に行ったところ、殺されているのを発見した。

 幸次郎は頭部に6~7カ所、体にも数カ所の傷があり、見るも無残なありさま。鮮血が地面に流れ、はりや壁に血の飛沫が付いていた。当日は大雪で、警察は外部から侵入した形跡がないとして、その日のうちに義母ミタ、妻マサ、長男・要太郎、次男・幸太を逮捕した。家族が米つき用の杵で殴って殺したとみたためだった。

 年が明けた1915(大正4)年1月3日付新潟新聞に続報が載っている。

「生来の酒飲みだが性格は温良で…」評判の良い被害者と悪評の多い家族

〈 殺人事件とその家族

 中蒲原郡横越村における殺人事件に関してはしばしば報道したが、そののち家族間の事情について聞くところによれば、被害者幸次郎は1892年2月、同村の農家から先代五郎太のとき養子になり、同じく1884年1月、五郎太の養女になっていたマサ(43)と夫婦になった。五郎太死亡後、相続した家には義母ミタ(66)のほか、長男要太郎(23)、三男幸太(17)、四男幸平(11)、次女ミネ(3)がいる。長女は結婚し、次男は病死。五郎太は幼いころから「水飲み百姓」だったうえ、けちで村民との交際はもちろん、神仏のならわしさえあえてしないほど。ただひたすら食事を減らしても蓄財だけに意を注ぎ、ともかくも(年収)400~500円(現在の約130万~約166万円)の自作農になった。それに対し養子幸次郎は生来の酒飲みだが、性格は極めて温良で口論をしたこともなかった。日々大きめのご飯茶わんで飲酒。常に養父母にしかられ、昨今はわずか2~3合(約360~540ミリリットル)さえ口にしないありさまだった。村民からは絶大な敬意を払われていた。〉

 被害者の人となりがある程度分かる。記事はほかの家族についても記している。

〈 他の家人はそろいもそろって五郎太の性質を受け、村内きってのしまり屋と冷評されている。ことに妻マサは、同村出身で現在県下の某分署長、某分署巡査ときょうだいで、日頃からそのことを高慢顔で村民に吹聴していたほど。一家はついに不調和になり、絶えずけんか口論に花を咲かせ、その都度、夫を尻の下に入れて妻である道を知らないように見えた。〉

 当時の新聞の事件記事だから、村民らの口さがないうわさをそのまま記事にしているのだろう。殺人事件だから当然ともいえるが、被害者を善人とし、容疑者となった家族を悪く書いている。

 その中でも、幸次郎夫婦が夫婦養子であるなど、家族関係の複雑さと、公判でも争点になる「評判はいいが酒飲みなのが玉にキズ」という幸次郎の人物像が浮かび上がる。そして、事件捜査は千脇尚徳・判事による予審段階での取り調べに入って大きな変化を見せる。

酒飲み、借金、生命保険…「一家のためにならぬ」次男が父殺害供述

 大場弁護士の「不思議極る殺人事件」=白露生「死刑より無罪へ」(1917年)所収=はこう書いている。

〈 当時17歳の次男幸太は、その事件の発生した翌日、すなわち大正3年12月31日に新潟の裁判所の予審廷で、実際親の幸次郎を殺しましたと自白したのである。その言うところによると「12月29日の晩、幸次郎が外出していた留守に祖母、母、兄の3人と自分の4人でコタツに集まって父を殺す相談をした。父は酒を飲むし借金をする。そのうえ誠に働きがないのみか、生命保険にまで加入していて一家のためにならぬ。祖母がまず、幸次郎を殺してしまおうと打ち明けたので、自分ら3人はそれに同意し、殺害することにした」「翌朝未明に、納屋の前に来て様子をうかがっていると、午前5時半ごろ、父は例のごとく米をつくために入ってきた。その場にあった米つき用の杵を持って父の頭部、胸部、背部を乱打。兄の要太郎は父の後ろに回って襟巻きでのどを締めて殺しました」と申し立てている。〉

「父を殺したのは私です。私のほかには祖母も母も弟もみな関係はありません」今度は長男が殺害供述

 しかし、話はそう簡単にはいかなかった。同書の記述は続く。

〈 ところが、ミタもマサもはじめから、そんな相談ごとはないとあくまで否認している。長男の要太郎もはじめは否認したが、昨年(1915年)の1月15日、第2回の予審が開かれたときには、自分1人で父を殺害したと申し立てている。すなわち「父を殺したのは私です。私のほかには祖母も母も弟もみな関係はありません。私は12月28日新潟市へ遊びに行ったときに学校友達と会って、いろいろな話から新潟遊郭へ素見(ひやかし)に行った。そして妓楼の店先に並んでいる美しい女たちを見て、どうか遊興したいと思った。しかし、私には遊興する金がない。金をつくるには、自宅にある米でも盗んで他へ売却するより仕方がない。毎晩1俵でも盗んでおいたならば、家の者は米泥棒を近所の者と思うであろうと決心した。が、その夜はついに実行せずに煩悶した」〉

 そして、要太郎の供述は事件前日からの状況に至る。

「あくる29日の晩は例のごとく夜学校に行って、帰ってきてから、いかにして米を盗もうかと考え迷って、ウトウト夢かうつつか、恐ろしい夢を見た。自分がある大家へ忍び入ったが、恐ろしさに気も落ち着かずふるえて、もしや泥棒と言われたらどうしよう、などと思ううちに、仁王か夜叉のような恐ろしい大きな化け物が刃物をもって自分を斬った。と思えば夢は破れてしまって、全身に滝のような汗をかいていた。

 目覚めて考えると、きょうは暮れの29日(正確には30日)である。父が米をつくのは今日1日で、もう明日からは仕事をしないから、もし盗むのならば今日が絶好の機会であると思って起きた。

 米の置いてある納屋へ行って、六斗(約108リットル=約90キロ)俵を臼の上に乗せていまや担ごうとしたが、動悸は高ぶり、ひざはガクガク震え、あたかも夢に見たのと同じように恐ろしかった。

 そこへ足音をさせて来たのは父親である。自分は恐ろしさに前後の考えもなく、夢で仁王に会った時のごとく、夢中になって傍らにあった杵を振るって父の胸部にまず一撃を与えた。父はたちまちその場へ悶絶した。そのうえを乱打したように覚えている」

「陳述のどちらを真実とすべきか」下された予審の結果は…

「前の幸太の申し立てとは全然別の陳述で、いずれを真実とすべきか」と「不思議極る殺人事件」は書いている。

 その予審の結果は1915年4月11日付新潟新聞に掲載された。同紙のこの事件の報道は終始予断に満ちているが、この時の見出しも「横越惨殺事件豫(予)審終結 母子共謀の主人殺し 揃ひ(い)も揃つ(っ)た人非人」。記事の主要部分は次のようだった。

〈 4名にかかる殺人事件は、今回新潟裁判所で予審終結し、いよいよ有罪の決定が下され、10日、同裁判所の公判に付された。来たる23日午前8時、公判開廷の予定。その罪状を掲げるに――。

 被告ミタは貧窶(ひんる=非常に貧しい)の間に成長した人間で、その性格は甚だ強欲。そのために義理、人情も顧みず、亡夫とともに営々貯蓄してやや富を成すに至った。養った被告マサと孫の被告要太郎、幸太はいずれもミタ夫妻の感化を受けて利欲にさとく、家産の増殖を図ったのに反し、婿養子幸次郎は性質温順で利殖の道に疎かった。いわゆる好人物だったことから、ミタ、マサ、要太郎らは平素幸次郎を軽侮、疎外し、ために一家に風波を生じることがあった。大正3年12月中、たまたま幸次郎が150円(現在の約50万円)を借金したことが判明。ミタと幸次郎が言い争いに。以来、ミタは幸次郎を疎外することがさらに激しくなり、幸次郎が家産を傾ける恐れがあると思うに至った。幸次郎が同年2月中、大同生命保険株式会社300円(同約100万円)の生命保険契約を結んだのを知ったことから、むしろ幸次郎を殺害して家運の衰退を未然に防ぐとともに、保険金を取得して幸次郎の債務を弁済するに越したことはないと決意した。〉

 借金と保険契約の時期の後先など、はっきりしないところがあるが、事件を主導したのはミタだと認定している。記事はさらに続く。

〈 ミタは同月29日、自宅茶の間でマサ、要太郎、幸太にその旨を告げたうえ、同意を求め、さらに実行を迫った。ここに4人は幸次郎殺害を計画。翌30日早朝、要太郎、幸太の両名は自宅納屋に至り、父幸次郎が来るのを待った。午前5時ごろ、幸次郎が入ってくると、幸太はその場にあった杵で幸次郎の頭部、胸部、背部などを乱打。倒れるのを見て要太郎は、幸次郎が着けていた襟巻きで首をしばって即死させた。マサはその間、その場にいて応援し、血痕の始末をした。〉

 予審判事は幸太の自供を真実と認めた。これについて「不思議極る殺人事件」はこう書いている。

被害者は家族と常に衝突を繰り返していた?

〈 ミタ婆さんは、自分が夜の目も寝ずにつくり上げた身代であるのに、養子の幸次郎は酒を飲むばかりか、家には内緒の借金もある。そのうえその年の春、大同生命と300円の生命保険を契約したことなどがとかく気に入らず、常に衝突しておったらしい。しかし幸次郎はごく穏やかな男で、無論死んだ五郎太のように三人前も働くということはできないが、一人前優れて仕事もするし、酒を飲むには違いないが、モッキリ(盛り切り)のごく下等な酒をわずかに1合か2合飲むだけのことである。また、その財産を調べてみても、五郎太時代よりは、幸次郎の代になってからの方が、借財を引いてもなおかつ増えているという次第であった。〉

 これだと幸次郎には殺される理由は薄いことになる。

「人非人親子法廷に立つ」

 新潟地裁での初公判は同年5月26日。報じた27日付新潟新聞は見出しから強烈。「極悪非道横越事件 人非人親子法廷に立つ 検事正嚴(厳)乎(げんこ=おごそかでいかめしい)極刑を求む」。本文もこうだ。

「この凶悪な被告母子らを見ようと押し寄せた傍聴者は非常に多く、中には朝の7時ごろより早く、裁判所横手に群衆し、既に門前には関係者十数名の者、ご苦労にも地上にうずくまっている者もあるありさま。定刻ごろには庁内の広庭に充満して喧騒を極めた。

 裁判所は既にそうなることを予期して120枚の傍聴券を与え、ようやく喧騒を制して傍聴券を得た者を入廷させ、間もなく『満員』の札を掲げた。そうとも知らないで時々刻々集まってきた者が次第に数を増し、百余名を数えるほど。廷内に入れず空しく帰る人もあれば、せめて廷内の模様を一目見ようと廷外のガラス窓の縁に上りつき、法廷をのぞき見るなど、近来にない大混雑を呈するに至った」

 公判は岡崎善太裁判長、検事は福田武規・検事正、弁護人は今成留之助だった。検事正の立ち合いは異例で、起訴理由はほぼ予審終結決定書通り。

法廷で覆された2つの自供

 これに対し幸太は、幸次郎を殺した覚えは全くないと犯行を否認。

「その朝7時ごろ、納屋へ兄要太郎がおもむき、間もなく引き返して、きのう運んだ米を盗まれ、幸次郎が病気のためか倒れていると告げた。母マサとともに兄に従って現場に行ったところ、父があおむけに倒れていたので、驚いて近くに行き、数回呼んだが返事がなく、近所の人を呼んできて警察署に申し出た。父は言われた通り酒を好むが、祖母や母とけんかしたこともなく、平素仲良く暮らしていた」と供述した。

 裁判長から予審段階で殺害を自供した点をただされたが、あくまで認めず、なおも裁判長が血痕の付着した杵を示して追及したが、「父は米泥棒に殺された。悔しい」と起訴理由を否認した。

 要太郎も予審での犯行自供について「自分が殺したように申し立てたのは、祖母、母と弟を出獄させようと思い、心にもない虚偽の供述をした」と述べて犯行を否認。

 裁判長から「幸太の供述と相違する点が多々あるのは、詳細に打ち合わせしなかった結果ではないか」と問われ「殺していないのだから打ち合わせする必要はない。こうした場所に出るのは初めてだし、6カ月も拘留されているのだから、言葉の相違くらいは当然」と答えた。

「図々しくも事実の全部を否認す」

 記事は「その図太さ、言語を絶せり」と書いている。ミタとマサについても「悪婆と毒婦」の中見出しを付けた。

 そのマサも、現場で見張りをしたり、血痕をふいたりした覚えはないと供述。最後にミタも「幸次郎が働かないといって嫌ったことはなく、時には口論もしたが、憎いと思っていたわけではない」「3人に幸次郎を殺せと迫ったことはない」と述べた。

 記事はここでも「図々しくも事実の全部を否認す」とした。検察の主張が正しいと考えたのだろうが、それにしてもひどい。

「本件のような残酷極まる犯罪は、世間広しといえども耳にしたことがない」

 この日の公判は、裁判長が弁護側の実地検証申請などを全て却下。検事正が「本件のような残酷極まる犯罪は、世間広しといえども耳にしたことがない。長く検事として奉職しているが、一家共謀して戸主を殺害する、まれにみる犯罪」と指摘した。

 その中で被告らの犯行を裏付ける証拠として、米泥棒に盗まれたとしていた米と縄が家の中で見つかったこと、そして、要太郎が隠していた血の付いた衣類が発見されたことを述べた。この血は新潟医学専門学校(現新潟大学医学部)教授の法医鑑定で大型のニワトリシャモのものとされた。

 その後、論告に入り、解剖でも幸次郎の殺害方法が残酷と認められたと指摘。「天にも地にもただ1人の父を殺害したうえ、平然としていた」と要太郎、幸太、マサに死刑を、ミタに無期懲役を求刑した。それにしても、世間を騒がせた事件の実質審理が1回のみとは、と驚く。

一家4人全員が「死刑」から一転…当主を惨殺したのは誰か?100年前の “冤罪”事件が残したもの へ続く

(小池 新)

新潟新聞の事件続報