逮捕歴は25回、刑務所暮らしは通算30年以上――シャバに戻ってきた男がまずやったのは、4歳女児の殺害未遂というあまりにも残忍な行為だった。捕まった男が語った、その身勝手な犯行理由とは?

 ノンフィクションライターの小野一光氏の新刊『昭和の凶悪殺人事件』(幻冬舎アウトロー文庫)より一部抜粋してお届けする(全2回の1回目/後編を読む)

*登場する人物名はすべて仮名です。

◆◆◆

腸が飛び出た姿で発見された幼女

 昭和60年に窃盗で逮捕され服役した男は、出所の直後に事件を起こした──。

パチンコをしてるあいだに、4歳の娘がいなくなった。捜してほしい……」

 関東地方某県のC署に電話があったのは、午後1時過ぎのこと。誰もいない派出所の電話を使い、母親の内田響子が通報したのだ。すぐにC署員が駆けつけると、彼女は狼狽した顔で言った。

「P駅前のパチンコ店に娘の博美と来ていましたが、正午頃に姿が見えなくなったんです。博美の身長は1メートルくらい。髪は長くてポニーテールにしています。目はぱっちりしていて、服装は長袖シャツに毛糸のベスト、長ズボンで、上から下まで全部ピンク色です」

 署員はすぐに迷子として管内全域に手配を行い、同時にパチンコ店やその周辺での聞き込み捜査を始めた。すると1時間半後に、捜査員の一人が、C市に住む主婦から、気になる情報を入手してきた。それは次のようなものだ。

「お昼頃、P駅裏の路上で、50歳くらいの労務者風の男が、ピンク色の服を着た4、5歳くらいの女の子の手を引き、U山の方角に行くのを見ました」

 これにより、誘拐事件の疑いが出てきたことから、県警本部の捜査一課が動くことになり、各駅への張り込みや聞き込み及び、被害者の自宅である内田家の電話への、逆探知手配などが行われた。

「U山の山中で幼女が血を流して倒れている」

 通報があったのは、捜査員が動き始めて3時間半後。やがて現場に到着した捜査員は、無線で次のように報告した。

「負傷した幼女は、人着(にんちゃく。人相と着衣)からして内田博美ちゃんと思われる。頸部及び腹部に切創(せっそう)があり、腸が突出している。意識はあり、すぐに救急車の要請を願う」

 幼女はすぐに救急車で病院へと運ばれ、そこにやってきた響子によって、彼女の娘であることが確認された。

 幼女を誘拐したうえ、殺害を企てた残忍な事案であったことから、県警はただちにU署に捜査本部を設置、捜査が始まった。

手がかりは「歯並びの悪い男」

「こんな残酷なことをする犯人を野放しにするわけにはいかない。なんとしても早急に捕まえるんだ」

 捜査幹部の檄(げき)が飛ぶ。

 犯行現場は正規のハイキングコースから獣道を15メートルほど入った山林内で、付近の雑草は踏みつけられ、周辺の小枝は折れていた。また、草や落ち葉には多量の血痕が付着しており、凄惨な犯行内容を物語る。

 鑑識課員が現場を詳細に見分したところ、血痕の付着した落ち葉の上に、「特撰」と書かれたシールが貼られた透明ビニール袋が発見された。さらに、刃物を包んでいたと思われる防錆紙(ぼうせいし)と、血痕が付着したちり紙、裾に黒色で「I」との印が押された灰色のジャンパーが見つかった。

 一方で、聞き込みを行っていた捜査員にはさまざまな情報が寄せられる。

午後12時半頃、T町にある公衆電話ボックスの前で、グレージャンパーを着た50歳くらいの男が、ピンク色の服の小さな女の子の手をつかみ、『お母さんを呼んだよ』と言っていました」

「妻とハイキング中、50歳くらいで身長162センチメートルくらいの痩せ型で白髪交じり、歯並びの悪い男が、ピンク色の服を着た女の子を連れていて、時間を聞かれたので『午後1時20分』と答えました」

「午後2時30分頃、ハイキングコースのそばにある畑で腐葉土を作っていたとき、50歳くらいで身長160センチメートルくらい、白髪交じりの頭で、歯並びの悪い労務者風の男が、小枝を見せながら『榊(さかき)を取ってきた』と言っていたので、『それは椎(しい)の木だ』と教えてやりました」

 こういった情報が寄せられ、ピンクの服を着た幼女について複数の女児が写った写真で確認すると、目撃者はいずれも博美の写真を指差した。さらにこれらの情報を総合して、本件容疑者の容姿について、捜査本部では一定のイメージを固めたのだった。

***

「凶器がわかりました!」

 遺留品である「特撰」シール付きのビニール袋と防錆紙の捜査を行っていた捜査員は、防錆紙の形状からそれが手鋏(てばさみ)で、ビニール袋の大きさから、剪定鋏(せんていばさみ)の可能性が高いことを聞き込んでいた。

 そこで刃物店での聞き込みを行っていた捜査員にその情報を流したところ、間もなくC市の商店街にある刃物店で、遺留品と同一形状のビニール袋と防錆紙を使った剪定鋏が売られているのを発見した。

ついに犯人を特定

 さらに同店の店員に、最近この鋏を売った人物について尋ねたところ、店員は答えた。

「1週間前の午前10時半頃、白髪交じりで歯並びの悪い労務者風の男が、この剪定鋏を買いました。男は代金を払うとき、穿(は)いていたズボンを膝のあたりまで下げ、腹巻のなかからおカネを取り出したので、憶えています」

 犯人の足取りが確認されたこの商店街で、徹底的な聞き込みを行ったところ、容疑者と思しき外見の男が、「浴衣姿でいたのを見た」との情報が入った。そこで、周辺の宿泊施設にも範囲を広げたところ、S町にある連れ込み専門の旅館で、新たな証言が飛び出した。

「×月×日から2泊した客が、スポーツバッグを置いて出ていったまま帰らず、宿泊代金3000円を踏み倒された。その客は歯並びの悪い白髪交じりの50歳くらいの男で、自分のことを『斉藤』と名乗っていた」

 すぐにそのスポーツバッグを確認したところ、黒く「I」と印されたズボンパンツ、シャツがあった。それは犯行現場の遺留品にあったジャンパーと同じ印である。

 さらに、旅館の主人が記憶していた「斉藤」という姓の、同年代の性犯罪の前歴者を抽出したところ、一人の男が浮かび上がってきた。

 それは斉藤道成という58歳の男で、幼女誘拐の前歴があるうえ、歯並びが悪く、しかも出生地や前回の逮捕時の住所から、現場付近に土地勘があることがわかり、彼の本件における容疑が濃厚となったのである。

 しかも、旅館の主人に協力を得て逃げた男の似顔絵を作成したところ、斉藤の被疑者写真と酷似しており、同主人に斉藤を含む9人の写真を見せたところ、迷うことなく斉藤本人の写真を選んだのだった。

 さらに犯行現場で見つかったビニール袋に付いていた指紋が、斉藤の左手人差し指と合致したことから、捜査本部は斉藤に対する、未成年者誘拐並びに殺人未遂罪での逮捕状を取り、追跡を行うことになったのである。

男の身勝手な欲望

「おい、奴が帰ってきたぞ」

 捜査本部は全国に斉藤を指名手配し、潜伏先となる可能性のあるドヤ街に捜査員を派遣する一方で、C市にある実家にも捜査員を配置していた。すると斉藤が夜10時近くになって、実家に姿を現したのである。

 実家の玄関前で捜査員に囲まれた斉藤が逮捕されたのは、事件発覚から7日後のことだった。

「斉藤はこれまでの25回の逮捕歴のうち、実刑判決は13回ある。通算すれば30年以上刑務所で暮らした男だ。取り調べにはそうとう苦労することが予想されるが、なんとか頼む」

 捜査幹部の予想通り、斉藤は当初から犯行について、頑強に否認した。

「証拠があるのなら、勝手に調べればいいだろう」

 そう取調室でふて腐れた態度を取る斉藤に対し、取調官は粘り強く挑んだ。すると徐々に表情に変化が表れてきた。そこで畳みかけるように証拠を並べていく。やがてここまで知られたら逃げられないと観念したのだろう、斉藤は「すみません」と口にしてから、犯行についての自供を始めたのである。

「出所してからまず女を買い、それから仕事を探すために、勝手知ったるC市にやってきました。そこで住み込みの植木職人でもやろうと、剪定鋏を買って職安に行きましたが、思ったような職場がなく、仕方なしに連れ込み旅館に泊まることにしました。しかし、貯えたカネを使い果たしてしまい、宿泊費が払えなくなったので、『今晩も泊まる』と嘘をついて、スポーツバッグを置いたまま旅館を出たのです」

 仕事を探すため、歩いてドヤ街を目指したそうだが、その際にP駅近くのパチンコ店前で、博美を見かけたのだという。

ピンク色の服を着た、目がぱっちりした4歳くらいのかわいい女の子が一人で遊んでいて、その子を見ているうちに、体に触りたくなってしまいました。そこで『おもちゃを買ってあげるから、おじさんの家に行こう』と声をかけたところ、ついてきたんです」

「殺そうと思ったのです」

 斉藤は博美の手を引いて、U山へと向かった。見知らぬ子供を連れ歩いていることを怪しまれないよう、途中で行き交う人々には、時間を尋ねるなどしていた。

「ハイキングコースから枝道に入ったところで、女の子を寝かせて体を触っていると、突然大声を上げて泣き出しました。それで、このままではまた捕まって刑務所に戻されてしまうと考え、殺そうと思ったのです」

 斉藤が泣き叫ぶ博美の首を絞めると、目を白黒させて、手足をばたつかせたあと、ぐったりした。

「息を吹き返さないように、完全に殺してしまおうと思い、ズボンの後ろポケットから剪定鋏を取り出し、その刃の部分で喉と腹を刺しました。それから鋏や手についた血をちり紙で拭き、山道を急いで下りましたが、途中で何気なく振り返ると、殺したはずの女の子が上半身を起こし、大きな目で自分の方を見ているような気がしたんです。それで恐ろしくなり、無我夢中で脇の沢に飛び下り、下流に逃げました」

 斉藤はその後、実家に立ち寄って現金とジャンパーをもらい、ドヤ街を目指したという。彼は振り返る。

「子供の苦しそうな表情や、逃げるときに上半身を起こしていた姿が頭にこびりついて離れず、夢遊病者のように歩き回りました。翌日、食堂のテレビで初めて女の子が生きていることを知り、ほとぼりが冷めるまでドヤ街に隠れていようと思っていました……」

 被害者の博美は頸部切創(長さ6センチメートル、気管切断)、顔面うっ血(頸部に扼痕[やくこん])、腹部切創(長さ6センチメートル、腸露出)と瀕死の状態だったが、早期の発見が幸いして、なんとか命はとりとめたのである。それはまさに奇跡ともいえる生還だった。

*今日の人権意識に照らして不当・不適切と思われる語句・表現が使われておりますが、時代背景と作品価値に鑑み、修正・削除は行っておりません。
 

河川敷のポリバケツには“21歳女性の一部”が…前科3犯男が招いた「デートクラブバラバラ事件」の無情 へ続く

(小野 一光)

剪定鋏。写真はイメージです ©getty