ひと昔前、「太公望列車」というものが走っていたという。その列車は大阪から紀伊半島を南下して和歌山県の端っこの新宮駅までを結ぶ普通列車。夜に大阪を出発して夜通し走って朝には紀伊半島。おかげで朝釣り愛好者に愛用されていたとかで、釣り人を意味する“太公望”の名をいただいて太公望列車になったのだとか。

 つまりは夜行列車なのだが、夜通し普通列車に揺られて朝から釣りにいそしむとは、なかなかの体力だなあと感心するばかり。ひと昔前といっても2000年まで太公望列車は走っていたから、乗ったことのある釣り人もまだまだたくさんいるのだろう。

 で、太公望列車が消えてもう20年以上経っていて、夜行普通列車なるものは和歌山どころか日本中を探しても残っていない。いま、紀勢本線には「WEST EXPRESS 銀河」なる観光列車が走っている。が、これを“蘇った太公望列車”などというのはさすがに無理筋だろうか。いずれにしても、紀伊半島の旅は夜行列車を使うかどうかというくらいの奥深いものなのである。

東京からはじつは広島よりも“近い”駅…「和歌山」には何がある?

 さて、今回やってきたのは、そんな奥深く縦に長~い和歌山県の玄関口。大阪との府県境を跨いで紀ノ川を渡ってまもなく到着する、JR阪和線紀勢本線和歌山駅だ。件の太公望列車も「WEST EXPRESS 銀河」も、もちろん経由している和歌山県最大のターミナル、である。

 和歌山駅というと、なんだかずいぶん遠いのではないかという気がしてしまうが、実はそれほどのことはない。

 新幹線を使うなら、新大阪駅で特急「くろしお」に乗り継げば1時間ほどで和歌山駅に到着する。特急で1時間を近いというか遠いというかはまあ人それぞれだろうが、簡単にいえば東京から和歌山は4時間かからない。広島よりも、近いのだ。

 県都のターミナル。和歌山駅は5面8線という広大な構内を持ち、さらに改札口を抜けると和歌山MIOと名付けられた駅商業施設も待ち受ける。つまりはかなり立派な規模を誇っているのだ。

 ついでに言うと、ホームの1番のりばはそのまま改札口に接している構造である。大阪方面に向かう特急「くろしお」などはこのホームを使う。

 改札口を通ってそのまま列車に乗れるという究極のバリアフリー。橋上駅舎全盛のいまではあまり見かけなくなったが国鉄時代のターミナルではおなじみの構造で、このあたりも太公望列車の通ったターミナルらしさ、といってもいいだろう。

西口から真っ直ぐに伸びる大通りを進むと…

 東口と西口、ふたつある駅前のうち、メインとなるのは西口だ。

 東口はちっぽけな出入り口があるだけで、あとはほとんど何があるというわけでもない住宅地。

 反対に駅ビルのある西口を出てみると、バスやタクシーの乗り場がある大きな駅前広場、その傍らには近鉄百貨店ホテルグランヴィア。まあとにかく、県都の玄関口らしい堂々たる駅前なのだ。駅前から少し離れたところにはいくつもマンションが建ち並んでいるのが見えるあたりも、賑わいが感じられてなかなかのものだ。

 そんな駅前からはまっすぐ伸びる大通り。中央分離帯にも木々が植えられている幅広の並木道で、「けやき大通り」などと言うらしい。この道をまっすぐに行けば、和歌山シンボル和歌山城へとつながっている。

交差する大通りは歓楽街や市街地へ

 けやき大通りはさらにいくつかの大通りと交差する。和歌山駅から見て最初は市街地の北をぐるりと取り囲む北大通りが、次いで柳通りという道がやってくる。

 けやき大通りと柳通りの交差点を北に折れると、その一帯は新内(アロチ、と読むらしい)の歓楽街。柳通り沿いや裏路地に至るまで、そうした類いの飲食店が入った雑居ビルがひしめいている。

 さらに西に進み、和歌川を渡って少し行けば和歌山の中心市街地に到達する。和歌山駅からならば、歩いて10分といったところだろうか。

 けやき大通り沿いには和歌山シンボル和歌山城があって、その周囲に和歌山中央郵便局和歌山ホール中野サンプラザそっくりの和歌山市役所などが建ち並ぶ。

 和歌山城の北東、けやき大通りに面する大手門のはす向かいから北にのびる本町通りをまっすぐ北上すれば、“京橋”という名の橋で市堀川を渡り、「ぶらくり丁」と呼ばれる和歌山随一のアーケード商店街だ。

 ただ、歩いてみるとどうにもシャッターが目立つ一角も多い。このあたり、“中心市街地の空洞化”という全国の地方都市に共通する課題を、和歌山でも抱えているのだろう。

 繁華街の中心にはフォルテワジマという商業施設がある。ここはかつて丸正という地場の百貨店だった。1891年に創業した松尾呉服店をルーツに持つ老舗で、長らく和歌山を代表する百貨店として君臨していた。

 ただ、これまた全国の地方都市の地場百貨店の例に漏れず、バブル崩壊以降に経営が急速に悪化。2001年限りで閉店となり、その跡地がフォルテワジマになっている、というわけだ。

和歌山のターミナルって、和歌山駅だけですか?という問題が残っている」

 ともあれ、そんなわけで和歌山県都のターミナル・和歌山駅からけやき大通りをまっすぐ西に、そしてときおり横道に逸れながら歩いてみれば、歓楽街から中心市街地、そして和歌山城まで、それとなくひととおり、和歌山の町を味わうことができるというわけだ。あ、名物の和歌山ラーメンの店もいくらでも見つけることができますよ。

 だがしかし、である。和歌山のターミナルって、和歌山駅だけですか?という問題が残っている。

 大阪と和歌山を結んでいるのは、和歌山駅を終着駅とするJR阪和線、そしてもうひとつ、南海電鉄がある。南海は、大阪・なんばを起点に阪和線とほとんど並んで走り、阪和線より海側で紀ノ川を渡って、和歌山におけるターミナル・和歌山市駅に着く。その場所は、和歌山駅からはだいぶ離れた中心市街地の西の端。紀ノ川のほとりに位置している。

「せっかくなので、和歌山市駅まで足を伸ばしてみよう」

 せっかくなので、和歌山市駅まで足を伸ばしてみよう。和歌山城の北西の端っこでけやき大通りから中央通りへと北に転進。おおむね南北の碁盤の目になっている和歌山の市街地では珍しく、北西から南東へと斜めに走っている大通りを曲がっていけば、正面に見えてくるのが和歌山市駅だ。

 南海の和歌山市駅、かつては高島屋も入る駅ビルがあったが、2014年高島屋は閉店。以後改築が進められ、2020年にそれが完成したばかりの真新しいきれいな駅だ。正面に設けられた改札口は少々小さいが、それを囲んで覆うように、キーノ和歌山と名乗る駅ビルが建つ。一般的な商業施設に加えて和歌山市図書館も入っている複合施設だ。

街地から離れたところにターミナルが2つ。これはいったい…?

 背の高いホテルも建っていて、とにかく現代的で立派なターミナル。合わせて整備されたのだろうか、駅前広場も広くて美しい。駅前を通っているのは北大通り。新しいから、というだけの理由でどうこうするのは憚られるが、和歌山のターミナルという点では和歌山駅よりもこちらのほうがふさわしいのではないか、と思うくらいである(ちなみにお客の数は和歌山駅の方が圧倒的に多い)。

 しかし、それにしても和歌山という人口35万人程度の町にはいささか不釣り合いともいうべきふたつのターミナル。さらに中心市街地は、どちらのターミナルからも少し離れた場所にある。いったいこれはどういうことなのだろうか。

 そう思って調べてみたら、和歌山市内における最初のターミナルは、和歌山駅でも和歌山市駅でもなかった。両駅を結んでいるJR紀勢本線の途中駅、紀和駅であった。

最初のターミナルができた「紀和」ってどんな場所?

 江戸時代には徳川御三家のひとつ、紀州徳川家の城下町だった和歌山の町。その時代において、町の中心はもちろん和歌山城だった。

 中世まで戦国大名が立たず、雑賀衆によって治められてきた和歌山和歌山城が築かれたのは豊臣秀吉の時代。秀吉の弟・秀長に与えられ、関ケ原の戦い後には浅野氏が入って紀州藩が成立する。1619年に家康の10男・頼宣が入り、幕末まで紀州徳川家の城下町として続いてきた。

 紀ノ川の河口に広がる紀州の城下町は、大坂と江戸を結ぶ航路の守りを担う枢要の地。いま、中心繁華街になっている本町通りは江戸時代からの和歌山の町のメイン大通りだった。つまり、お城から北へ向かう道。そこを市街地を抜けてもさらに北上し、少し東にずれた場所。そこに紀和駅はある。

 いまの紀和駅は、しがない無人の小駅に過ぎない。高架沿いの駅前は公園として整備されていて、そこにかつては留置線などがあったのだろうかと想像がつく。

 さらに駅前から南西に向かって走る通り沿いには古い商店なども散見されるから、そこに“和歌山初のターミナル”の面影をみることもできるだろうが、現実的にいまの紀和駅にはターミナルらしさはないといっていい。 

最初のターミナルが出来て約5年で“次世代”の「和歌山」が開業

 紀和駅の開業は、1898年のことだ。紀和鉄道、すなわち現在のJR和歌山線の駅であった。そしてその当時は和歌山駅と名乗っていた。つまり、れっきとした和歌山の町のターミナル、玄関口として開業した駅だったのだ。

 だが、ターミナルとして我が世の春を謳歌した時代は短い。初代和歌山駅の開業から5年後、1903年には和歌山市駅が開業する。

 南海はその時点で大阪・なんば和歌山を連絡することに成功している。紀ノ川沿いを走るに過ぎなかった紀和鉄道のターミナル・和歌山駅と比べれば、その立場の差は歴然としている。畢竟、和歌山市駅が新たな和歌山のターミナルとして存在感を強めていくことになった。

 ところが、1924年に新たなターミナル候補が誕生する。当時は東和歌山駅と名乗った、現在の和歌山駅である。

 名前の通り和歌山市街の東の外れに設けられた東和歌山駅。その役割は、国有化されていた旧紀和鉄道の線路を伸ばして紀伊半島を南下していこうとするその途中の駅のひとつであった。

 紀伊半島を南下するためには和歌山の市街地を問答無用に突っ切るか、それとも迂回しなければならない。さすがに市街地を貫くわけにもいかず、東へ迂回した結果の東和歌山駅の誕生だったのだろう。

 次いで1930年に阪和電気鉄道が東和歌山駅へと乗り入れて、新たなターミナルとしての性格を強めていく。

 阪和電気鉄道は南海と同じく大阪と和歌山を結んだ私鉄だったが、1940年に南海に合併されたのち、1944年に国有化されて国鉄阪和線となっている。そうして東和歌山駅は、国鉄のネットワークにおける和歌山のターミナルという性質を決定的なものにしたのである。

和歌山の町を変えた2つのターミナル。でもその中で“変わらないもの”が中心に…

 東和歌山駅和歌山駅への駅名変更は、戦後の1968年のことだ。同じ時期に紀和駅に改称した初代和歌山駅のターミナルとしての機能は新・和歌山駅へと移ってゆく。ただ、その間も和歌山市駅は南海のターミナルとしてあり続けた。こうして、和歌山の町にはふたつのターミナルが生まれた、というわけである。

 現在の和歌山の中心的街路になっているけやき大通りや、和歌山城の西側を南北に通る中央通りは戦後の戦災復興事業の中で整備されたものだ。

 近世以来、和歌山城を中心として南北に通る道が町の軸であり続けた和歌山の町は、ふたつのターミナルの並立によって、東西を結ぶけやき大通りに軸が移った。南北から東西へ。町の軸の大転換をもたらしたのが、和歌山駅和歌山市駅という、ふたつのターミナルだったのである。

 ちなみに、そうした町の軸の大転換がありながらも、その中心として変わらない存在感を持ち続けているのが和歌山城。天守閣は1846年に落雷で焼失するが、1850年に再建されている。幕末、天守閣の役割が形骸化した時代にあっても再建したのだから、天守に対する思いやいかばかり。

 再建した天守は空襲でまたも焼失してしまったものの、市民の熱望もあってまたも再建し、現在は1958年に建てられた鉄筋コンクリート造りだ。熊本地震で壊れた熊本城の再建にしてもそうだが、近世城郭の天守閣、とうに役割を失って久しいが、その再建にかける町の人たちの熱意はものすごい。何年経っても時代が移り変わっても、お城は町のシンボルなのである。

写真=鼠入昌史

“電車のイス”がリビングに…?“いろいろ「鉄道級」な家庭用イス”を鉄道会社が作り出した話 へ続く

(鼠入 昌史)

紀伊半島のターミナル「和歌山」には何がある?