女優・高橋ひかる(21歳)が、22歳以下を対象としたNTTドコモの割引サービスドコモ青春割」の新CMに起用され、12月1日より「若者の本音唄」篇の放映を開始する。撮影後、インタビューに答え、女子高生の制服姿について「コスプレです(笑)」と笑った。

新CMでは、女子高生役の高橋が制服姿で登場。モーニング娘。の「ハッピーサマーウェディング」のメロディに合わせて、スマホを使い過ぎて両親に「ごめんね」と口ずさみむ。そこに突如、俳優・ムロツヨシ(46歳)が登場。高橋の通信量を見たムロは閃いたかのように、メガホンで「だったらドコモ青春割だ!」と叫んだ。それに気づいた高橋は今までの表情から一転、高橋演じる女子高生の両親も登場し、最後はムロと一緒に全員笑顔で「ハッピー!」とジャンプして喜ぶ――という内容だ。

インタビューでは、今回、ムロとCM初共演となったことについて聞かれ、高橋は「5年ぶりぐらいになりますかね」と回答。ムロは「5年ぶりくらいになる、とある作品以来ですけども、CMは初めてですね。あの制服姿がもう“かわゆい”と思いましたね」と制服姿に言及すると、高橋は「コスプレです(笑)」と笑った。