ポケモン

Nintendo Switchソフトポケットモンスター スカーレット・バイオレット』にて致命的なバグが発見されたとして話題を呼んでいる。


■「乱数」とは…

同作シリーズには、「乱数」と呼ばれる要素があり、これらはダメージ数の上振れ下振れや、命中率における不規則性を表現しており、いわゆる「運要素」に近いものだ。

オンライン対戦が広まっていない過去作では乱数が固定化されており、ツールを用いて乱数を調整して色違いポケモンを捕まえる…といった裏ワザが行なわれていた。


関連記事:『スプラ3』“時限式ガチアサリシュート”がぶっ壊れ 「ずっと俺のターン」状態に…

■乱数生成が固定されてる?

そんな「乱数」システムだが、今作の「オンライン対戦の乱数生成が固定されているのでは?」といった噂がネット上で話題に。掲示板ソーシャルニュースサイトによると、命中率が90%以下の技を初手に撃つと、必ず失敗するという報告も。

ユーザーが行なった検証では、命中率90%の技を初手に打ったところ14戦中14回外しており、本来乱数が機能していれば起こり得ないことのため、「乱数が固定」という噂に信憑性が増しているようだ。


■一撃必殺技が必中に

ちなみに、命中率100%の先制技で相手を確定で怯ませる「ねこだまし」と命中率30%のものの一撃で相手を倒すことができる「ぜったいれいど」の組み合わせは、相手が先に動かない限り必ず成功する…模様。

正直な話、この組み合わせは強すぎるのだが、1体のポケモンでこの組み合わせを実現することは現状不可能であり、ダブルバトルのみで実現することが可能となっているようだ。


■「極悪すぎる」の声も

今回の噂に対し、ツイッター上では「乱数固定えぐいな」「これは極悪すぎる…」といった驚きの声が多数寄せられている。

同作のオンライン対戦のランクマッチ12月以降の開始とされている。過去では、乱数が固定化されていたことにより、ランクマッチが一時停止されたこともあるため、ランク開始までに調整がされるのかどうか気になるところだ。

・合わせて読みたい→『スプラ3』“時限式ガチアサリシュート”がぶっ壊れ 「ずっと俺のターン」状態に…

(取材・文/Sirabee 編集部・北田力也

『ポケモンSV』一撃必殺技が確定必中になるバグが確認? 「極悪すぎる…」の声も