AVIAR B.V.は11月29日、客室乗務員の視点からリアル航空事故への対処を学べるVRゲームAirline Flight Attendant Simulator VR』を発表した。

 対応プラットフォームはPC(Steam)で、発売時期は12月16日を予定している。

客室乗務員となるVRゲーム『Airline Flight Attendant Simulator VR』発表_001
(画像はSteam:Airline Flight Attendant Simulator VRより)

 『Airline Flight Attendant Simulator VR』は、飛行機の客室常務員として乗客を救うVRゲームだ。プレイヤー飛行前の安全装置の準備や、緊急着陸時の対応といったミッションに挑むこととなる。

 ミッションは緊急着陸のほか、航空機のさまざまな部分での発煙や火災、不時着(海への緊急着陸)が用意される。

客室乗務員となるVRゲーム『Airline Flight Attendant Simulator VR』発表_002 客室乗務員となるVRゲーム『Airline Flight Attendant Simulator VR』発表_003

 本作を手掛けるAVIAR B.V.は航空・輸送業界の専門家に向けたトレーニング用VRプラットフォーを手掛けており、本作はトレーニングソフト一般向けに調整したバージョンとなっている。

 そのため、リアル航空機や安全装置、重力効果を臨場感のあるサウンドシナリオとともに体験でき、没入感のあるシミュレーションが行えるだろう。

 興味がある読者はウィッシュリストに登録し、発売を待とう。

Steam:Airline Flight Attendant Simulator VRはこちら