ジブリ映画借りぐらしのアリエッティ』のように、人間社会にこびとがひっそりと混じっていたら…。今ツイッターでは、そのワンシーンを想起させるような、とある”こびと部屋”が話題を呼んでいる。

【話題の投稿】本当にこびとが住んでいそう!? コルクの中に広がる小さなお部屋が可愛すぎて


画像をもっと見る

■超小さいのに本格的すぎる…

こびと屋さん

コルク栓の中にコビトが住める部屋を用意してます」とコメントを添え、こびと部屋の動画と写真を投稿したのは、ミニチュアやジオラマジオラマ人形などをオリジナルで制作しているクリエイターのこびと屋さん。

内装が絵本の世界のようにかわいらしく、いつこびとが住みに訪れてもおかしくはない雰囲気。ミニチュア好きにはたまらない作品だ。

そのキュートさももちろんだが、小さいコルク栓をくりぬき、本格的な部屋を作ってしまう発想と技術には、ただただ感嘆するばかり。中にミニチュアの家具や人形を置いて、その上ライトまで点くとは、なんという芸の細かさなのか…!


関連記事:松丸亮吾、常連の飲食店でのサプライズに歓喜 コルクでポケモンキャラを…

■「ほっこり笑顔になってしまう」と反響

こびと屋さん

コルク栓の中に広がる部屋に心惹かれたツイッターユーザーは数多く、ネットでは「素晴らしいです」という声のほか「Looks so cool 」と海外からも感激の声が続出。

また「動画を見てて灯りが点くとほっこり笑顔になってしまう私」と灯りの点く仕掛けに心温まったという声や、「蔦がある机、本棚、ポスター素敵です」と内装のお洒落さに注目したコメントも寄せられた。

記者は、そんな素敵なこびと部屋を制作した、投稿者・こびと屋さんを取材した!


■きっかけはホームセンターの部材売り場

こびと屋さん

製作者のこびと屋さんが、コルク栓のミニチュア作品を思いついたきっかけは、「部材好き」という好奇心からだった。「部材を見るのが好きで、ホームセンターに行った際にふとコルク栓が目にとまりコルク栓の中にミニチュアを創ったら可愛いのでは?』と思ったのがキッカケでした」(こびと屋さん)。

ミニチュア作品の制作時間は、5日から1週間程。「作品は全て自身が納得行くまで作り直しますので、全部がお気に入り作品です」と、作品愛も語っている。

こびと屋さん

一方で制作で難しいと思う点は、背面もコルクを貫き光が溢れるような加工をする時と話す。正面から見ると満月、背面から見ると月が欠けているように見える作品や、背面のコルクを貫き灯りを点けると光が溢れる作品などは、この加工が必要となる。

「この加工は失敗することが多いので、調整をしながら何回か作り直します」。小さい中にこびと屋さんならではのこだわりポイントが、たっぷり詰まっていることが伺える。


■SNSでの反響が励みとなって

こびと屋さん

こびと屋さんいわく、以前までは家族や友達に見せて自分だけで楽しむしかなく、「私が創るミニチュア・ジオラマはあまり好きな人が居ないのではないか」と思い凹む事も多かったとか。だが、Twitterに作品を投稿することで、その気持ちは大きく変わった。

「本当に沢山の方に作品を見て頂き、そして多くの反響を頂きとても嬉しいです!」「『こびと屋さんの作品が好き!』と仰って頂くことも増えました。感謝の気持ちでいっぱいです!」と、作品への自信を持てるようになった。

こびと屋さん

ちなみに、こびと屋さんのミニチュア作品は、ハンドメイドサイトminneで購入できる。コルク栓の中に広がる、小さくも可愛らしいオリジナリティ溢れる世界。いつかこびとが訪れてくれることを夢見て、こびと屋さんのミニチュア制作の道は続く。

・合わせて読みたい→はじめしゃちょー、好きが高じてミニチュアサウナ制作 「かわいい!」と反響

(取材・文/Sirabee 編集部・黒森ぬぬ

センスがスゴすぎる… コルク栓の中に広がる「不思議な世界」がネットで話題に