飛行機・航空機

2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件以降、飛行機に搭乗する際のセキュリティチェックは、世界中で強化された。だが、それから20年以上が経過し、空港によってはスタッフたちの気の緩みが問題になっているという。

このほどイギリス人男性に起こった驚きの話題を、『The Sun』や『UK Daily News』が報じた。


■検査で手荷物が引っかかり…

イギリスウェスト・ミッドランズ州・ウェスト・ブロムウィッチに住むマット・ホジェッツさん(56)は、10月下旬に友人とトルコへ2週間の旅行に出かけた。

休暇は終わり、TUIエアウェイズの航空機で帰国しようと、ふたりはトルコ西部のムーラ県にあるダラマン空港へ。ところがそこの手荷物検査場でマットさんの荷物が引っかかっり、友人とは搭乗口で落ち合うことになった。


関連記事:ターミナルまでのバスが来ない… 滑走路を歩く搭乗客の動画が物議

■周囲の乗客に独特な訛りが

検査も無事に終わりマットさんは搭乗口へ向かったが、友人の姿はなかった。先に飛行機に乗り込んだのだと思い、搭乗券をスタッフに見せるとボーディンブリッジへと急いだ。

マットさんは周りの乗客たちが話す英語に独特のアクセントを感じ取り、違和感を覚えた。しかしあまり気にせず、機内の出入り口でキャビンアテンダントに搭乗券を見せると、指示された座席についた。


■別の目的地であることが判明

飛行機の出発準備が整った頃、隣に座る乗客と会話をしてみたマットさん。「旅行は楽しかったけれど、早くバーミンガムの自宅に戻りたい」と口にすると、笑いながら「ガトウィックじゃなくて?」と返された。

何となく話がかみ合わず不思議に感じていると、機長から「当機はこれからガトウィックに向け離陸します」というアナウンスが。それを聞いて仰天したマットさんは、思わず「飛行機が違う」と叫んでしまった。

■航空会社も別だった

さらに、マットさんが搭乗したのは、イージージェットという全く別の航空会社の旅客機であることも判明した。離陸寸前という状況のなか、彼は必死でキャビンアテンダントに事情を説明したが、降機までかなりの時間を要したという。

やっと解放されたマットさんは、乗るはずだったバーミンガム行きのTUIエアウェイズ機に向かってダッシュ。友人とともに、無事に帰宅することができたという。


■スタッフの気の緩みが原因か

マットさんは、ゲートにいた空港のスタッフ、機内出入り口にいたキャビンアテンダントらが、搭乗券を確認していながら誰もが適当にスルーし、間違いに気付かなかったことを厳しく追及した。

これに、イージージェット航空の担当者は「乗客の安全は最優先事項だ」として、迅速に謝罪。ダラマン空港スタッフたちの対応も含め、原因については現在も調査中だとしている。

・合わせて読みたい→離陸直前の機内で兄弟の片方がパンツ下げ逮捕 搭乗前に大量飲酒しけんかに発展

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

離陸寸前に搭乗客が「飛行機が違う」 気づかず通した空港スタッフに問題か