Warner Bros. Gamesは現在発売中のオープンワールドアクションRPG『ゴッサム・ナイツに、4人Co-opモードHeroic Assault」やゲームの調整を含むアップデートを本日11月30日に実装したと発表した。

 バットマン亡きあとのゴッサム・シティを舞台とする本作は、バットマンの意思を継ぐ「レッドフード」、「ロビン」、「バッドガール」、「ナイトウイング」の4人の主人公として、「梟の法廷」をはじめとするヴィランたちと戦う作品。

 今回のアップデートの注目は4人Co-opモードである「Heroic Assault」。それぞれにノルマが設定された30フロアをひとつずつ踏破していくモードとなっているそうだ。

 公開された映像を見ると、物語はダイアナ(ワンダーウーマン)から『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』にも登場した星型のヴィランスターロ」を退治して欲しいという旨のメールを受け取るところからはじまっていることが確認できる。

 本作の対応プラットフォームはPS5Xbox Series X|S、PC(Steam)。価格はいずれも税込で、PS5Xbox Series X|S、版の通常版が8580円、デラックス・エディションが1万978円。PC(Steam)版の通常版が7480円、デラックス版が9878円となる。

 電ファミでは本作のレビューも公開しているので合わせてチェックしていただきたい。


『ゴッサム・ナイツ』公式サイトはこちら