母親の枕元に「今は自さつしたいです」と書いた手紙を置くほど精神的に追い詰められた子どもが、加害者と市を訴えた――。

 大阪府堺市の市立小学校に通っていたミチコさん(仮名)が3年生と4年生のとき、同級生の女児2人から無視や仲間はずれなどのいじめを受けた。これにより精神的苦痛を受けたとして、女児2人サトさん(仮名)、マイさん(仮名)の保護者に、またいじめ調査・防止義務違反として堺市に対して連帯して165万円の損害賠償を求めて、大阪地裁堺支部に提訴した。

 ミチコさんは、サトさんとマイさんの保護者や学校、市教委に「謝罪をしてほしい」と話す。

いじめの早期対応ができていれば、深刻化しなかったはず

 ミチコさんの母親も「学校や市教委は最後まで、娘のいじめに対して真摯な対応がなされなかった」と筆者の取材に語っている。

 いじめによる不登校だったことから、ミチコさんの母親は市教委に対して、重大事態としての調査委員会の設置を要望していた。結果、調査委が設置され、2020年10月に報告書が公表された。この調査の範囲は、不登校になった4年時の事案のみ。その範囲で、サトさんとマイさんのいじめを認定した。「(いじめを受けたミチコの)精神的苦痛も相当なもの」とした。また、学校としても、まったく指導をしていないわけではないが、寄り添った対応が必要としていた。

 報告書では、以下のようにも指摘されていた。

〈ミチコにすれば、学校の先生はいじめられている自分ではなくいじめてくる相手、すなわち加害児童の味方ばかりすると感じており、ミチコは底知れない恐怖や不安で緊張し、耐えがたい不信感や孤立感にさいなまれ、学校がもはや安全安心な場所ではなくなり、むしろ登校できない状況に追い込まれたものと推察される〉

 裁判になった理由について、母親はこう説明した。

いじめそのものが、娘にとって『大丈夫』というような解決に至りませんでした。報告書が出た後に、学校や市教委担当者からは、不適切な対応については謝罪がありました。ただ、教育長や市長からはありません。加害者の保護者からも誠意のある謝罪がありませんでした。また、学校での人間関係が修復されませんでした。最終的に娘は不登校になり、調査委によって重大事態と認定されましたが、責任の所在を明らかにしてほしいと思っています。いじめの早期対応ができていれば、深刻化しなかったと思います。

 また、調査委では中立公平の人が委員になると思っていました。しかし、報告書ができてわかったのですが、そうではありませんでした。設置規約も文書化したものはありません。それなのに、再調査をお願いしたときに、(調査委を担当する)市長部局では『調査は問題ない』としました。いじめが悪化した理由には触れられていません。母親としては、真相解明が不十分と考えています。最終的には、娘が、弁護士との話し合いで決めました。このままでは、区切りがつかない。

 娘をここまで傷つけた加害者に対しては、ちゃんと反省して、自ら謝罪をしてほしかったんです。学校や市教委、市長部局からは、最後まで娘のいじめに対して真摯な対応がされなかったと思っています。娘からの『自さつしたい』というSOSをキャッチしながら、ずっと危機感もなく、誠心誠意な対応もされず。子どもを自殺から守るには、もう訴訟しかありませんでした」

 主な裁判上の訴えは何だったのか。

帽子ゴミ箱から見つかると担任は「自ら投げて入ったのではないか」

 訴状によると、ミチコさんが小学校1年のとき、帽子がゴミ箱から見つかった。母親は担任に調査を求めたが、担任は十分な調査をしないまま、「(ミチコさんが)物を投げたりしていた際に、帽子がゴミ箱に入ってしまったのではないか」と母親に伝えた。

 ミチコさんと母親がこの対応について不信感を抱き、3学期の終わりに校長に訴えた。校長は、今の担任が次年度はミチコさんの担任にならないように配慮すると伝えた。

「帽子の件は当日に娘から言われました。その他のいじめの件も、娘からすぐに聞いています。学校に尋ねると、担任は出来事について認めることが多かったです。担任からの電話で話を聞く場合もありました。また、娘から夜遅く聞くときには連絡帳に書いて、担任がその返信をするやりとりもありました」

 2年生に進級する前の春休み、ミチコさんは発達検査を受けた。母親が発達に不安を持っていたためだ。その結果、自閉症スペクトラム障害及びADHD(注意欠陥・多動性症)の診断を受けた。母親は学校に伝え、2年生後半から試験的に(個別指導を受ける)支援学級の体験に通うようになった。

保育園の頃も、『みんなと違う』と言われていました。年長のときに心配で検査をしたのですが、グレーゾーンでした。早生まれの影響があるのではないかと思っていました。しかし、小学校に入ってから、同級生とのトラブルがあったり、勉強の遅れがあったので担任からのすすめで(発達障害の)検査をしたのです」

すれ違いざまに「うざい。死ね」それでも加害者の言い分だけを認める担任

 2年生のとき、同じクラスのアサさん(仮名)の防犯ブザーが壊れたことがあった。その当日、担任から「ミチコさんが同級生の防犯ブザーを壊したから謝罪してください」と言われ、アサさんの保護者に謝罪した。しかし、ミチコさんから事情を聞くと、アサさんがランドセルをつかみ、ミチコさんを地面に押し倒した。そのため、アサさんの手を払い除けようとして、そのとき偶然、ミチコさんの手がアサさんの防犯ブザーに当たった、ということが判明した。

「この件も連絡帳に、ミチコの言い分を書きました。その後、担任が調査をすると、『ミチコさんの言っている通りでした』と言ってきました。加害側も認めたようです。それまで担任は、娘に聞き取りをしないまま、加害者の言い分を認めていたことになります。そのため、1年生のときの対応を含めて、娘も私も学校への不信感が増したのです」

 3年生の5月、ミチコさんとアサさんの間で再びトラブルがあった。休み時間にミチコさんが別の友人と話していたとき、その友人にアサさんは「(ミチコさんの)話聞かんといて」と言ったり、ミチコさんとすれ違ったときに「うざい。死ね」と言ったという。すれ違いざまの発言内容は、ミチコさんとアサさんの間では食い違いがあったが、担任はアサさんの言い分を信じて、お互いを謝罪させた。ミチコさんは聞き間違いだと決めつけられたことにショックを受け、2週間ほど学校を休みがちになった。登校できても、母親と同伴だった。通常学級には入れず、支援学級で過ごした。

「3年の担任は『ミチコさんも悪いから』と言って、加害側への指導は何もしませんでした。お互いに『ごめんなさい』と謝罪させて終わり。聞き取りの方法も、先生の前に、両者を立たせて聞いていたようです。しかし、娘は発達特性があり、うまく話せなかった。そんな中で、相手の意見が通る。いじめはどんどん悪化していきました。病気じゃないのに、『しんどい』と言い、休みがちになりました」

教頭は「お母さん、わがままを肯定したらあかんやん」

 2月には、ミチコさんのハンカチが教室のゴミ箱から発見された。母親は学校に原因調査を求めた。

「教頭からは『ミチコちゃんは嘘つくから』『ワカガマだから』と言われました。校長からも『自作自演』『低次元のいじめだから保護は開かない』と言われました。そのため、市教委に相談したんです。すると、担当職員は『誰がやったかやっていないかわからないということ、ミチコさんもそこ(容疑者)に含まれる』などと言われたんです」

 その後も、友人らとのトラブルがあったという。母親は学校に対して、ミチコさんが発達障害であり、他人とのコミュニケーションが苦手であることを同じ学年の児童や保護者に説明してほしいと要望した。しかし、十分な対応がなかった。

「3年の担任には、『発達障害は診断する先生によって変わる。頑張れば、乗り越えられる、お母さん発達障害の本を読みすぎです。普通学級で頑張らせます』と言われました。結局、その後は、配慮がされないままになり、加害児童には『うざい』『死ね』などと言われたりしました」

 いじめを受けた結果、ミチコさんは登校することで精神的苦痛を抱くようになり、転校を希望するようになった。4年生進級前の春休み、母親は「いじめを理由とする越境通学」を市教委に求めた。しかし、担当職員は「いじめを理由とした越境通学はできない」と回答した。母親が文部科学省へ問い合わせをすると、「市教委の回答は間違い」ということだった。文科省は市教委に指導した。

「それでも、市教委の担当職員は『いじめを理由とした越境通学はできるが、いじめを受けた児童を受け入れる学校がない』と言いました。そのため、ミチコは4年生進級時のタイミングで転校できなかったんです」

交換ノートの名前や思い出が、鉛筆やボールペン消されていた

 4年生では、始業式から学校へ行けなかった。

「4年のときは、1日も一人では普通学級で過ごしていません。学校へ行けたとしても、母親や支援学級の担当教諭が同伴で普通学級に入るか、支援学級にいました。給食のときは、同じクラスから(給食を食べる)希望者を募っていました。そのため、希望者と娘が、支援学級で給食の時間を過ごしていました」

 ミチコさんは、サトさんやマイさんから受けたいじめの影響で、4月には登校できず、5月末の運動会に参加するためにゴールデンウィーク後に登校を再開した。しかし、サトさんやマイさんの無視や仲間はずれが再発した。その後、サトさんやマイさん、もう一人の児童としていた交換ノートがあったが、ミチコさんが内容を確認すると、交換ノートに書かれていたミチコさんの名前や、ミチコさんとの思い出に関する記述が、鉛筆やボールペンを使って消されていたことがわかった。

「加害の2人以外の子が娘に交換日記を返してきたんです。開けてみたら、娘の名前が消された状態でした。私もその場にいました。うちの娘の名前を消しているのです。交換日記をしている、他の子たちのことを『大好き』と書いているのですが、あえて娘のことは書いていないのです。これを見て、娘はショックを受けていました。交換日記の件は、市教委も関与して、謝罪の場が設けられました。でも、相手方の保護者は来ませんでした。加害の子どもだけがきて謝罪をしました」

「今は自さつしたいです」という手紙を母の枕元に

 実は、交換日記での謝罪前、ミチコさんは母親の枕元に「今は自さつしたいです」などと書いた手紙を置いた。それだけ追い詰められていた。

 後日、下校時にミチコさんが下駄箱の靴を取り出し、履こうとしたが、靴の爪先あたりに碁石程度の大きさの小石が何個も、そして爪楊枝かそれよりも太い枝が何本も詰められていた。事実を確認した校長が教室に向かったが、誰がしたのか判明しなかった。翌日、学校は、特別授業と、緊急保護者会を開いた。

「交換日記の件での謝罪の1週間後に、靴の件がありました。2学期になって、加害の2人がしたことがわかったんです。夏休み明け、ある児童が教頭に、ミチコの靴に石や枝を詰めたのはサトさんとマイさんだと話したからでした。教頭や主幹教諭の聞き取りに2人は認めました。しかし、ミチコは再び不登校になりました。

 いじめが繰り返されたため、加害者側の謝罪は受け入れられる状況ではありませんでした。ただ、『謝罪の場ではない』と言われ、学校へ行くと、加害者親子が一方的に謝罪をしてきました。それで謝罪をしたことにされたのです。ただ、なぜ、靴の件をしたのか。それは『ミチコさんの母親がTwitterで悪口を書いたから、腹いせに嫌がらせをした』と言っていました。ただ、私は堺市とは書いているが、学校名も当事者の名前も匿名にしています。特定される内容ではありません」

転校したミチコさんは「しっかりと発言し、相手に認めさせたい」

 ミチコさんは結局、5年になって転校した。「いじめ」ではなく、「転居」を理由にしたものだった。ミチコさん本人は、小学校生活をこう振り返る。

「転校前の学校には、仲のよい友達もおったけど、友達と喧嘩して、遊んでいた子たちが急に変わって、嫌がらせとか悪口をいっぱいされました。それが嫌だったなあ。転校後の学校は、転校前の学校よりは楽しかったかな。転校先の学校には幼馴染もいて、最初の頃は、その子たちがフォローしてくれました。校長先生もすごくいい先生で、担任の先生もよかった。周りの子たちも気を遣ってくれて、優しい子が多かったです。そのため、溶け込みやすかったです。友達もたくさん増えて、遊ぶ機会も増えました。転校前の学校のことは、嫌なことがあったときにたまに思い出したりします」

 裁判について、ミチコさんはこう考えている。

「これでちゃんと解決するならいいし、また、ちゃんと謝ってもらえるならいいかな。謝ってもらうこともそうだけど、もし、他の子たちにも、いじめをしているのなら、やめてもらいたいと思っています。ただ、お母さんには迷惑をかける。その分、頑張ってやりたい。自分が発言しないといけない場面ではしっかりと発言し、相手に認めさせたい」

 堺市教育委員会(生徒指導課)に受け止めを問い合わせたところ、「訴状が確認できていないので、コメントできない」との返答だった。

(渋井 哲也)

©️iStock.com