パブリッシャーのNo More Robotsは、本日11月30日オープンワールドピクセルRPGSoccer Storyを発売した。対応プラットフォームはSteamEpic GamesNintendo SwitchPS4PS5Xbox OneXbox Series X|Sとなっており、Xbox Game Passにも対応している。

 サッカーを題材に作られた本作の舞台は「The Calamity™」という災難(?)が発生した後の世界。ボールを蹴るどころか、ボールを見ることすら許されなくなったこの世界では、サッカーが一切できなくなってしまうかもしれない

 そんな中、魔法のサッカーボールが現れて、サッカーを救う救世主として主人公を選んだという、壮絶な出来事から本作ははじまる。

 なぜか世界中にゴールパズル、釣り堀が設置されており、主人公はそれらを攻略していくことによって自分のサッカースキルを磨いていく。そしてサメ、幼児、年金受給者、ニンジャなど、さまざまな属性を持ったサッカーチームバトルを繰り広げていくことによってゲームは進んでいく。

サッカーが禁止された世界で救世主となりサッカーを復興するオープンワールドRPG『Soccer Story』発売開始_001
サッカーが禁止された世界で救世主となりサッカーを復興するオープンワールドRPG『Soccer Story』発売開始_002
サッカーが禁止された世界で救世主となりサッカーを復興するオープンワールドRPG『Soccer Story』発売開始_003

 本作のストーリーは基本シングルプレイで攻略するものだが、4人プレイローカルマルチプレイヤーモード2人対戦シンプルサッカーを楽しむことも可能だそうだ。

 ワールドカップが盛り上がっている今こそ、ぶっ飛んだサッカーゲームを楽しんでみてはいかがだろうか。なお、記事執筆時点では日本語には対応していないため、今後に期待したい。

『Soccer Story』Steamストアページはこちら