今年話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」が12月1日に発表され、年間大賞に「村神様」が選ばれた。  

村神様」は、首位打者ホームラン王打点王タイトルを獲得し、三冠王に輝いたプロ野球ヤクルトスワローズ村上宗隆選手のこと。選考理由として「王貞治さんの記録を超える日本選手シーズン最多の56本ホームランを放った。今季最終戦の最終打席に生まれたミラクル弾。この劇的瞬間は記録とともに人々の記憶に強く刻まれた」などを挙げている。

年間トップテンには「キーウ」「きつねダンス」「国葬儀」「宗教2世」「知らんけど」「スマホショルダー」「てまえどり」「Yakultヤクルト1000」「悪い円安」、選考委員特別賞は「青春って、すごく密なので」が選ばれた。

この結果を受け、Twitterなどネットではさまざまな反応が上がっているが、特に年間大賞の「村神様」については「野球民しか知らない」「ヤクルトファンしか使わない」「流行語…微妙」「こういう昭和ノリもうやめて欲しい」「いつもプロ野球用語強すぎじゃね?」「もっと広く流行ってた言葉あるだろ(笑)」などの厳しい声も上がっている。