日本では幸帽児(こうぼうじ)と呼ばれ、幸運の象徴と考えられている“被膜児”がブラジルの病院で誕生した。被膜児とは卵膜と羊水に包まれたまま誕生する赤ちゃんのことで、取り上げた医師らは驚きの声をあげたという。『The Mirror』などが伝えた。

ブラジル北部パラー州バルカレナにある公立病院「Hospital Materno-Infantil de Barcarena Dra. Anna Turan」で11月22日、ビアトリス・アゼヴェードさん(Beatriz Azeved、25)が帝王切開で双子姉妹を出産した。

最初に誕生したのはエロイーズちゃん(Eloise)で、その2分後の午後10時10分、医師は妹のジュリアちゃんを取り上げた。

ジュリアが出てくるとその場にいた医師らみんなが急に騒がしくなり、『おおお!』という驚きの声があがりました」と当時を振り返るビアトリスさん。実はジュリアちゃん、8万分の1で発生するという“被膜児”で、卵膜と羊水に包まれたままで誕生、腹部から顔を出す様子は父マルコス・セナさん(Marcos Sena、25)がカメラで捉えていた。

当時の写真を見ると、ジュリアちゃんはまるで大きな真珠を被ったようで、卵膜を通して顔が確認できる。羊水の中では目を閉じ、口を少しだけ開けており、赤ちゃんにしてはボリュームのある髪の毛が生えている。

お産に立ち会った産科看護師ジョバンニ・マガリャンイスさん(Geovany Magalhaes)は被膜児の誕生が特別な瞬間であったことを明かしており、「母親とパートナーの男性は、卵膜に包まれた赤ちゃんがまだ子宮の中にいるかのように動いているのを見ることができたのですよ」と当時のことを語っている。

ジュリアちゃんはその後、卵膜から取り出されてケアを受け、改めて母親や姉と対面を果たしたそうで、妊娠36週と通常よりも早く誕生したため、体重が増えるのを待って退院する予定だという。

なお姉妹はビアトリスさんとマルコスさんにとって初めての赤ちゃんで、ビアトリスさんの体調は良好だということだ。

ちなみに被膜児は英語圏では“マーメイドバース(人魚の出産)”または“エンコールバース(en caul birth)”と言われ、縁起が良いと信じられている。被膜児についてはこれまでも何度か報じられており、今年6月にはブラジルのミナスジェライス州ポンテ・ノバで誕生した双子の動画が、3月にはスペインで撮影された双子の片割れの動画が話題となった

画像は『Agência Pará de Notícias 2022年11月25日付「Materno-Infantil de Barcarena realiza parto gemelar raro com bebê empelicado」(Foto: Divulgação)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト