女優・大地真央が、12月1日に放送されたバラエティ番組「千鳥のクセがスゴいネタGP 歌謡祭&音ネタ13連発!豪華コラボ祭り」(フジテレビ系)に出演。“宝塚音楽学校の都市伝説”としてよく言われることのひとつ、「阪急電車が通ったら、絶対お辞儀をする?」について語った。

この日、事務所や養成所の“クセスゴな規則”についてトークが進む中で、宝塚出身の大地には“宝塚音楽学校の都市伝説”が本当かウソかを聞いていくことに。   

千鳥・ノブが「(宝塚は)大変だって聞きますけど、どうなんですか?」とたずねると、大地は「大変なのは1年間ですかね。最初の1年間」とコメント。ノブは「なんとなく都市伝説レベルで聞いたことがあるような、ルールをまとめてみたんで、聞いてみて良いですか?」と話し、「僕、これめっちゃ大阪のとき聞いてたんですよ。『阪急電車が通ったら、上級生が乗っているかもしれないから、絶対お辞儀をする?』。どうですか?」と質問する。

大地は「そうですね」と本当だと頷き、「宝塚の駅、ですけどね。梅田まで行ってはなかなかやらない」「(今も)たぶんあるんじゃないですかね。もしかしたら乗ってらっしゃるかもしれないので、まあお辞儀しとけ、みたいな。そんな感じです」と答え、「電車にお辞儀しているっていう風に思われた時期もあったんですけど、電車に、ではない」と語った。