テレビアニメ放送開始から35年を迎えた今年、代名詞でもある、TM NETWORKによるエンディングテーマGet Wild」のリリースからちょうど35年が経った2022年4月8日に、待望の新作劇場版の制作が発表された「シティーハンター」。冴羽獠役の神谷明エンディングテーマの「Get Wild」の続投が決定している『劇場版シティーハンター』(2023年公開)より、原作者の北条司描き下ろしによるビジュアルが解禁され、あわせてメインキャストの続投が明らかとなった。

【画像を見る】「ジャンプフェスタ2023」にて販売されるムビチケ前売券(カード)特典のアクリルスタンド

原作の発行部数が全世界で5000万部を超え、いまなお世界中で絶大な人気を誇る「シティーハンター」。2019年公開の『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』は観客動員100万人、興収15億円を超えるヒットを記録した。

今回解禁されたのは一枚のビジュアル。法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽は、超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。その彼が、覚悟を決めた様子にも受け取れる表情とともに、新宿の夜景をバックに、お馴染みの衣装で凛々しく仁王立ちする姿が描かれている。そして、そこに記されているのは、「The Final Chapter Begins.」と「過去に終止符を打つ戦いが始まる──」という2つのコピー。「シティーハンター」が最終決戦へ向けて動きだすことを予感させる内容となっている。

ビジュアルの一番下には『劇場版シティーハンター』のロゴとともに、「2023」の文字が刻まれ、来年2023年の公開もあわせて解禁に。さらに、公式のビジュアルでは、「CH」という略字が初めて使用されており、様々なドラマを生みだしてきた「シティーハンター」が、圧倒的なスケール感で、劇場に戻ってくることを確信させる。

また、制作発表とともに解禁されていた冴羽役の神谷に加え、槇村香役に伊倉一恵、野上冴子役に一龍斎春水海坊主役に玄田哲章、美樹役に小山茉美といったお馴染みの声優陣がそれぞれカムバック。さらに、12月17日(土)~18日(日)にかけて千葉、幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ2023」にて、このたび解禁された「原作・北条司描き下ろし第1弾キービジュアル -The Final Chapter Begins.-」仕様のジオラマアクリルスタンド付きのムビチケ前売券(カード)も販売されるという。

冴羽は、どのように自らの過去に終止符を打つのか?最終章に向かうシティーハンター。これまでにないスケールで、最終決戦へ進む冴羽の姿に注目だ。

文/サンクレイオ翼

冴羽獠の戦いはいよいよ最終章へ『劇場版シティーハンター』2023年公開、メインキャストの続投も決定/[c]北条司/コアミックス・「2023 劇場版シティーハンター」製作委員会