神奈川県川崎市の市立中学校に勤務する31歳の男性教諭が、路上に放置された自転車で帰宅しようとしたとして減給処分を受けた。 
 
 男性教諭は今年5月27日、市内で友人と食事をしたあと帰宅しようとしたが、最終電車で最寄り駅までたどり着けなくなってしまう。しばらく歩いていたところ、放置されていた自転車を発見し、乗って帰宅しようとする。 

 >>56歳無職男、コンビニでリンゴを9個を万引きし店員をハンマーで脅す 異常な行動に怒りの声<<
 
 無灯火だったため警察官が呼び止め調べると、盗難届が出ている自転車であることが判明。その後、占有離脱物横領の疑いで書類送検され、不起訴処分となった。なお取り調べに対しては「自宅まで距離があり、早く帰りたいと思って乗ってしまった」と話しているとのことだ。生徒に道徳を教えることもある教師が、「早く帰りたい」という理由で自転車を盗むとは驚きである。川崎市教育委員会は1129日、男性教諭を減給10分の1(1か月)の懲戒処分とした。 
 
 教諭の行動にネットユーザーからは「信じられない。早く帰りたいという理由で放置自転車に手を付けるなんて」「犯罪者予備軍だよね。こんな人間が今後も教師として働くなんて、川崎市は恐ろしいね」「タクシーネットカフェなど選択肢はいくらでもあっただろ。その中から窃盗を思いつくなんて、とんでもないヤツ」と驚きの声が上がる。 
 
 また「窃盗をしても減給1か月で済むなんて。まさに公務員天国だよね」「泥棒教師をまだまだ雇う川崎市教育委員会。スネに傷を持つ奴らばっかりなんだろうね」「全く市民感情が反映されていない。どうしようもない」「こんな教育委員会だからまともな教師がいない」などという指摘も出ていた。 
画像はイメージです