程よい甘さで小腹を満たすのにちょうどいい「おしるこ」。しかし、面倒くさがりの記者は「おしるこは好きだけど、あんこや餅を用意して作るのはちょっと…」とよく悩んでいた。

そんな時、面倒くさがり必見の斬新な商品をAmazonで発見した。


画像をもっと見る

■面倒くさがり必見

それが、『和みシリーズ 福ふく食堂 餅入りおしるこ』(2,500円/6食入)だ。一見なんてことのないおしるこだが、この商品の際たるポイントレンジで調理するという点。

おしるこの作り方といえば、あんこを水で溶かしそこに加熱した餅を加えるのが一般的だろう。また、お湯を注いで作る即席タイプの商品もあるが、その場合お湯を沸かす手間がかかってしまう。

この商品は調理の手間が最小限となっており、500wのでレンジで1分半加熱するだけ。非常に簡単なのだ。


関連記事:全農が教える「とうもろこしの調理法」が超簡単 もう“茹で”には戻れないかも…

■レンジで加熱するだけ

そのままレンジに放り込んで加熱するだけと、料理下手な記者でも簡単だ。蒸気口が設置されているため、袋の一部に切れ込みを入れるといったことも必要ない。

加熱が完了したら、しっかりと熱々のおしるこが完成していた。ある程度の大きさの餅が2つも入っているのは嬉しい。では、餅にちゃんと火が入っていているかチェックしていこう。


■気になる味は…

袋のまま食べることができれば最高だが、側面が熱くなりやけどしたりこぼしてしまう危険があるため、食べる際は容器に移す必要がある。

早速汁を飲んでみると…うまい! 程よい甘さにまろやかな口当たり、小豆もしっかりと食感がありこれぞ求めていた味だ。そして肝心の餅を確認すると…

しっかりと火が入っていて、柔らかくなっている。これこれ〜! 一気にテンションが上がってしまう。レンジ一つで作ることができ、味も最高。唯一気になることといえば、あまりにも作るのが楽であるため「食べすぎてしまわないか」ということくらいだろう。


■雑煮も最高すぎる

ちなみに、同じ技術を駆使して作られている『和みシリーズ 福ふく食堂 餅入り雑煮』(2,500円/6食入)もある。

こちらもレンジ一つで食べることができるのはもちろん、鶏肉やしいたけにんじんごぼうちくわなど様々な具材も入っているため食べ応え抜群だ。味もかなり美味しく、心もお腹も満たされることだろう。



これからさらに寒くなり、温かいおしるこや雑煮が美味しくなる季節。価格は高いが自宅にストックしておくのもおすすめだ。

・合わせて読みたい→味の素公式が教える「餃子ピザ」が簡単で激ウマ この組み合わせ最強すぎる…

(取材・文/Sirabee 編集部・ステさん

Amazonで見つけた「おしるこ」が面倒くさがりの救世主 これ最高すぎるだろ…