カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 飼い主が荷造りをしていると、スーツケースに入り込もうとするのは「猫あるある」だが、慌てて出かけると、とんでもない事態となる。

 先月アメリカの空港で、手荷物のX線検査を受けていた男性のスーツケースに異変が発覚。生ものらしき物体が映しだされたのだ。

 空港職員が荷物を開けたところ、入っていたのはリアル生ものの猫だった。勝手にスーツケースに入り込んでしまったらしく、気が付かず空港まで来てしまったようだ。

 猫は無事で、男性と共に家に帰っていったという。

【画像】 スーツケースに入っていた猫、X線検査で発見

 11月16日ニューヨークジョン・F・ケネディ国際空港での出来事だ。

 フロリダ行きのデルタ航空機に乗る男性搭乗客のスーツケースを、運輸保安庁(TSA)職員がX線で検査していたところ、アラームが作動した。

[もっと知りたい!→]「行かないで!行くなら一緒に連れてって!」 飼い主が自分を置いて出かけるのを拒む犬と猫たちの姿

 スクリーンを見ると、そこには4本脚の動物のようなシルエットがくっきりと映し出されていた。

 驚いた職員は、スーツケースを脇へ引っ張りファスナーを開けることに。すると、スーツケースの隙間から茶色のフサフサした毛が!

2

 スーツケースの中には、なんと生きた猫が入っていたのだ。

1

 職員は男性に質問したが、猫が入っていたことなど全く知らなかったと言う。

 「スメルズ」という名のその猫は、男性の同居人のペットで、勝手に男性のスーツケースの中に入り込んでいたようだ。

 幸いにもスメルズは怪我もなく、落ち着いており、一旦空港の手荷物預かり所にあるケージの中に移された。

[もっと知りたい!→]空港のセキュリティーチェックで、スーツケースを開けたら飼い猫が混入していた件。夫婦びっくり

 突然自分のスーツケースから出てきた猫を見て、男性はかなり動揺し、まさか猫がこんなことをするなんて思いもよらなかったと言う。

猫は男性と共に、無事飼い主の元へ帰宅

 その後、スメルズが速やかに家に帰ることができたのは、この男性のおかげだ。

 男性は、搭乗予定だった飛行機に乗ることを断念し、スメルズを家に連れ帰って飼い主に引き渡したという。

 そして、翌日の便で目的地のフロリダ州オーランドに向かった。

 TSA職員は後日のツイッターで、スメルズがブルックリンの自宅で飼い主と一緒に感謝祭(24日)を迎えた様子をシェアし、次のようなジョークユーザーらを笑わせた。

どうやらスメルズは、(フロリダの)ディズニーワールドを走り回っていると聞いた、大きなネズミを追いかけようと計画していたようです(笑)

References:TSA finds cat in checked baggage — you won’t believe what its owner said / written by Scarlet / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

スーツケースに忍び込み、空港の手荷物検査で発見された猫