画像はイメージ

画像はイメージ

面接では時に信じられないような出来事に戸惑うこともある。神奈川県の50代男性(ITエンジニアシステム開発・SE・インフラ/正社員・職員/年収550万円)は、

「合格しても行く考えはとうに消えていましたが、それでも怒りはしばらくおさまりませんでした」

と当時の苦い体験を語った。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「呼び出しの方が待合室を閉めようとして…慌てて面接官に連絡」

男性は就活時に知人と「本命の前に雰囲気を知るためにも受けてみよう」と某上場企業に応募した。一次試験、二次面接とパスし、最終の三次面接に進んだという。

「そこまで進むともともと気になっていた企業でもあり、受かったら入社も考えるようになっていました」

と気持ちも高まっていたことを綴る。面接は当日の受付順で、20人ほどいた待合室はやがて人が減っていった。そして2時間以上も待たされた末、

「呼び出しの方が待合室を閉めようとして私が座っていることに気づき、慌てて面接官に連絡したようだった」

という状況になったというのだ。面接官も既に面接場所から出ていたらしく、バタバタした中で男性の面接が始まった。しかしながら当然のごとく謝罪はなく、途中で気持ちが切れて意気込みもほとんど言葉に出ず、最後には

「どうして私の順番が飛ばされ、面接すら受けられないような状況になっていたのか」

面接官に逆質問をしてしまったという。それでも面接官は自分たちの問題ではないといったような態度を取っていたそうだ。会社を去る際に

「ここには二度とこない」

と心に決めたことを明かす男性。結果は不採用だった。

「最後まで謝罪もなく、おまけに面接当日の夕方の講義には出られず、さらに 3回の交通費は全て自腹。 合格しても行く考えはとうに消えていましたが、それでも怒りはしばらくおさまりませんでした」

男性はいまだに怒りを抑えきれない様子だ。

長すぎぃ!面接で2時間以上待たされて激怒した男性