シリアル

イギリスの大学に通う日本人留学生が、自分へのクリスマスプレゼントを購入したところ、注文していないものが届いてしまった。悲惨な状況に失意を隠せずにいる学生が、『The Sun』や『Daily Star』などの海外メディアの取材に応じた。


■Amazonでパソコン購入

イギリスノーフォーク州にあるイースト・アングリア大学に通う鴨狩義人さんは、地元の日本食レストランアルバイトをしている。冬休みに日本へ帰るためにお金を貯めていたが、航空券があまりにも高すぎるため帰国を断念した。

代わりにAmazonで新しいパソコンを購入し、到着を心待ちにしていたという。


関連記事:山添寛、『ラヴィット』出演に父親からダメ出し 「研鑽足りません」

■届いたのはシリアル2箱

ところが、Amazonから届けられた荷物の中身を見て、鴨狩さんは心底ガッカリした。中にはパソコンではなく、欧米でなじみ深い「ウィービックス」というシリアルが2箱入っていたのだ。

1,399ポンド(約23万円)のノートパソコンを購入したのに、届けられたのは500円相当のシリアルが2箱。「胸が張り裂けそうになった」という鴨狩さんは、急いでAmazonに連絡をとった。


■アカウントは凍結

状況を説明しようとした鴨狩さんだったが、Amazonは彼のアカウントを凍結してしまったという。鴨狩さんは何が起こっているのかよく分からないままに、Amazonと連絡を取ることができなくなってしまった。

鴨狩さんが働く日本食レストランオーナーが、この状況への対処を手伝っているそうだ。オーナーは、「彼にとって本当に悲惨なことだ。彼はもうシリアルを食べられません」「できるだけ多くの情報を集めています」とメディアに語った。


■一刻も早い対処を

鴨狩さんは、何らかの詐欺被害にあったのではないかと考えられており、Amazonは緊急調査を始めたという。あるネットユーザーはこの報道を見て、「申し訳ないけど、シリアルを食べられなくなったという発言には笑ってしまった」とコメントしている。

誰かにとっては笑い話かもしれないが、鴨狩さんにとってはお金を貯めて購入した大切なクリスマスプレゼントだ。一刻も早い対処が求められている。

・合わせて読みたい→Amazonタイムセール祭り Apple製品やパソコンがお買い得

(文/Sirabee 編集部・広江おと

Amazonでパソコンを買ったらシリアルが到着 日本人留学生に詐欺被害の可能性