カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 クリスマスを楽しみにしている子供たちは、今年はサンタクロースに何をもらおうか、今頃うきうきしていることだろう。

 だがサンタクロースプレゼントをくれるのは良い子だけだ。では悪い子はどうなるのか?ドイツオーストリアなどではブラックサンタ的な怪物が存在する。

 恐ろしい形相をした「クランプス」が、悪い子供に罰を与えにやってくるのだ。彼らは今年もスタンバってるらしい。

【画像】 ブラックサンタ「クランプス」の歴史

Krampus Is Back

 ヨーロッパ中部には、サンタクロースモデルとなった「聖ニコラウス」の付添いとして、悪い子に罰を与える怪物が存在する。それが「クランプス」だ。

 その昔、キリスト教信者が大半をしめるヨーロッパでは、聖ニコラウスが訪れる冬になると、異教の悪魔を追い払うため、自らが恐ろしい悪魔の姿となって追い払っていた。これが起源となり「クランプス」の伝統が生まれた。

 ドイツの古い伝承によると、もともとサンタは双子の設定だったという。1人が良い子にプレゼントを配り、もう1人が悪い子に罰を与えていたそうで、クランプスはいわばブラックサンタ的存在なのだ。

iStock-1079699644

photo by iStock

リアリティ溢れる恐るべき怪物クランプス

 現在クランプスは、ドイツ東南部のバイエルン州オーストリア中東部、ハンガリールーマニア北部のトランシルヴァニア地方でなどで、クリスマスシーズンに出没し、子供たちを震え上がらせながら街を練り歩く。

 そのいでたちは地域によって異なるのだが、毎年、アーティストにより身の毛もよだつほど恐ろしい、新たなクランプスが続々と誕生している。

iStock-1436684624

photo by iStock

 基本的にクランプスの仮面は木製で、彫り師によって恐ろしい顔の輪郭が作られる。角は本物のヤギの角が異色され、髪や衣装も本物の獣から取ったものが多い。

 クランプスの名前の由来になっている鉤爪(かぎづめ)のついたグローブも動物から作られたものだ。昔からリアリティーが追及されている為、迫力が違うのだ。

・合わせて読みたい→本当に怖い、暗黒のサンタクロース、「クランプス」が描かれたクリスマスカード

no title

photo by iStock

今年も悪い子におしおきする準備を進めているクランプス

 そして今年もクランプスたちがやってくる時期となった。

 彼らが活動を開始するのは12月の最初の2週間だ。オーストリアでは約150体のクランプスたちが街を練り歩くという。

 クランプスは、悪い子供を連れ去り、地獄の穴に投げ入れるための袋やかごを背負ったイメージで表される。

4

photo by iStock

 そして、鞭を振るいながら子供を捕まえては、「お前は悪い子か?親の言うことを聞いているか?勉強をしているか?」と厳しく脅していくのだ。

 日本にも秋田県男鹿半島にクランプスに近い存在の「なまはげ」が存在する。クランプスの方が起源が古いので、もしかしたらなまはげの起源はクランプスなのかもしれないという話もあるそうだ。

written by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

悪い子は震えて眠れ!今年もクリスマスの悪魔「クランプス」が罰を与えにやってくる